2016年6月16日木曜日

ジャニーズ(嵐)のコンサートにポルノグラフィティファンの男が行くとこうなるぜ






ポルノグラフィティ関連のブログさんの記事を見ていて「ジャニオタがポルノグラフィティのファンになって驚いたこと」(翼さん「明日の忘れ物は今日にある。」)というのがあった。
読ませていただいて思い出した。

トラックバックの方法が分からないのでリンクで失礼したが本題に移ろう。


ポルノグラフィティファンの男が嵐の東京ドームコンサートに行ってみた。



というのが本題だ。ちょっと昔話。

正直書きたくない。だってファンが外れまくってTwitterで当選報告しただけで炎上すんでしょ?
それなのに、これから書こうとしてるのは行きたくても行けない人が僕の住所を割り出して包丁持って、この先はやめとこう。









とりあえず参戦してみた




話は2009年に遡る。

まず行くキッカケとなったのは嵐好きの母による。簡潔に書けば母が同行予定の人が行けなくなった代役だった。

ちなみに2009年と見てピンと来た方は素晴らしいが、その嵐の東京ドーム公演の一週間前にはポルノの「東京ロマンスポルノ'09~愛と青春の日々」が開催されたのだ。これも母と行った。

その時の嵐はベストアルバム「5×10」のツアーで、ベストヒットな内容になるとのことだったし、当時まだ学生で暇だったのでヒョイヒョイついていった。

ここまで書いたけど、そもそも僕は嵐の曲好きですよ。今でもよく聴いてるし。

席は一階スタンド、の前から何列目か。


コンサートとして見てみる




まず純粋にコンサートとしての内容を見てみる。

曲を沢山やるためにかなりメドレーになっていることが多い。フル尺やる曲そこまで多くなかった記憶が。

でもさすがベストアルバム引っ提げてるツアーだけにほとんど曲は分かった。

そして、なにより演出。


ディズニーランドかと思わされるくらいの演出の嵐。さすが、嵐。


聴かせるためのコンサートじゃない。見せる、いや魅せるショーなんだなと思った。


曲のキャッチーさも相まって男が見ても楽しめるエンターテイメントである。



ノリ、というかパワー




ここだ。なにより凄いと思った。


とにかく客側のパワーが凄い。98.7%くらいが女子、またはマダム。残りは少年と連れてこられた彼氏。


それだけの女子力が群れをなして暴れまわっているのだ。


ステージからそこそこ距離あったけど、メンバーがこっち向こうもんなら倒れそうな勢いで打ちのめされて、悲鳴が上がる。

嵐の一挙手一投足に歓声が上がるのだ。


そこからカートで客席側を回り始めるんだけど、スタンドの良い具合の位置だったため正面を通るとかなり近い。
たぶん周りで10人ぐらい倒れてんじゃねぇかというくらい熱狂してる。


『聖☆おにいさん』のアイドル見に行く話で「彼らはこっち側(神側)なんだよ」というギャグがあったけど、あれ、マジだ。







曲へのノリ方といいここは男が絶対に踏み入れてはいけない領域だ。


というかついていけてる男いたら、嫌だろ。


もはや嵐と同じ性別であることすら申し訳なくなる。


ペンライト持つデモなく盛り上がるわけでもなく(少なくとも端から見て)、じっと5人を見ていた自分が許されるだろうか。ここで懺悔しておく。

でも楽しかったよ。








このエントリーをはてなブックマークに追加
 


0 件のコメント:

コメントを投稿