2016年6月24日金曜日

ハゲなんて不毛な争い、ツルツル頭のミュージシャン特集





かつて元オアシスのリアム・ギャラガーは言った。

気取ったガキどもにドラッグは無理だろ。あいつらはライト級だからな。ちょっとキメただけで、リハビリ施設行きさ


ハゲたらもう俺は歌わない、って言ってるだけだ。だってつるっぱげで歌ってどこに説得力があるんだよ!


リアムらしくて好きな発言なのだが、世の中にはハゲてても素敵なミュージシャンは沢山いるじゃないか。

なので、サッカー見るくらいで暇してるであろうリアムに反論してみよう。







・ビリー・コーガン(スマッシング・パンプキンズ)





まずはビッグサンダーマウンテンハゲことビリー・コーガン。

昔は長髪だったけれどバンドの安定期とともにツルツルのスキンヘッドに。今となっては髪のあるビリーなどビリーではない。


・ジョー・サトリアーニ





間違えた。サンプラザ中野だった。


ツルツルスキンヘッド+サングラスのミュージシャンでパズルゲーム作れそうだ。





サトリアーニ先生もツルツル頭がトレードマーク。

その滑らかなテクニックも頭によるものなのだろうか。



・トニー・レヴィン




ハゲ髭ことトニー・レヴィン御大。

キング・クリムゾンやピーター・ガブリエルはまだしも、野口五郎や西城秀樹など、その頭のような活動の広さである。地平線が見えるぜ。



・フィル・セルウェイ(レディオヘッド)





前回のツアーでは分身まで現れたフィル。





分身もちゃんとツルツルだぜ。



・ニール・カーター





この人を挙げるのがちょっと苦しい部分ではあるが、このあとの都合上気にしないでいただきたい。

まぁ2010年のゲイリー・ムーアのライヴでツルツルしてたのでカウントしてもいいでしょ。





さて、ここまで5人。


おわかりいただけただろうか。


ビリー・コーガン → ヴォーカル
ジョー・サトリアーニ → ギター
トニー・レヴィン → ベース
フィル・セルウェイ → ドラム
ニール・カーター → キーボード

バンド組める!

最強のツルツルバンド実現しねーかなー。

照明はいらないぜ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 






0 件のコメント:

コメントを投稿