2016年8月16日火曜日

演奏も良けりゃ顔もいい女性ミュージシャン4選 海外編






世の中はたくさんの不公平で成り立っている。

音楽なんてその最たるものだ。
良ければ評価されて売れるわけじゃない。

そしてその演奏側の人間。

本当にビックリするくらい整ってる人が沢山。
天が二物を与えた代償は誰かが一物も与えられないということじゃないか。

特にYouTube文化になって意図的にメンバーにルックス重視を入れるケース増えたしね。

ということで、今回は美人なくせに音楽もいいミュージシャン特集。










アレックス・ゲーリング / Ringo Deathstarr







モデルかよっていうくらい全てが整いすぎ。


というか実際モデルもしてる。


MOREとか読んでる場合じゃねぇ。









こんなルックスでいながら音楽性も半端じゃなくカッコイイ。

シューゲイザー。
オルタナとかグランジっぽいなかに、アレックスの甘い声が素晴らしい。

以前は普通にショップ店員だったらしい。



ローレン・メイベリー / CHVRCHES/span>









綺麗代表がアレックスなら可愛い代表はローレンじゃないだろうか。

CHVRCHESは個人的に大好きなバンドでして。エレクトロポップ好きにはドストライクなわけです。
その中でローレンの舌足らずなヴォーカルがめちゃくちゃ良い。これはもうサイズ感が可愛いんだな。









ちなみにローレンは1987年自分と同い年。かわいい。ヤバい。

しかも大学で法律の博士号とって、大学院でジャーナリストの資格もとっている才女。

ほら、神なんていないと分かったでしょ。


クリス / Manic Sheep








台湾のバンドです。

フジロックには出ているが、まだまだマイナーな気がする。

正直日本デビューもしてないので情報が薄い。
とりあえずヴォーカルのクリスが可愛い。それだけでいい。










音楽性としてはシューゲイザーだけど、かなりポップ寄り。というかシューゲイザー寄りのポップというか。

良いです。アルバムかなり気に入ってる。




ヘイリー・ウィリアムズ / PARAMORE






みんなのアイドル パッキッシュガールのヘイリー。

サマソニでステージにセーラー服で現れ会場の男どもを悩殺した小悪魔。
といっても僕は別の見てたんで見れてないですが。会場にいた友人によると男どものテンションがおかしかったそうだ。





結婚したNew Found Gloryのチャドは爆発しろ。














このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿