2016年11月23日水曜日

このバンドはエモいとか言うけど、エモとは何か説明できますか?






バンドを紹介するのを見たときにエモーショナルなサウンドとか、このバンドはエモとかよく見かけるようになった。

最近のエモの基準が、自分でよく分からなくなってきたので、文字にして整理してみたい。


エモい音楽とはなんなのだろうか









エモの定義




こんなテーマなわりに初っ端から手のひらを返すようだけど、音楽の定義付けってあんまり意味ないよね。
バンドの中でもジャンルが変わったりするし。

BUMP OF CHICKENがEDMやる時代だもの。

それはそうとして、まずはエモの定義を整理したい。

Wikipediaを見てみる。
世の中の全てのことにおいてヤフー知恵袋とWikipediaに書いてあることは全て正しい。


音楽性は多様的で定義も曖昧であるが、疾走感溢れ、正確なリズムとラウドなギターをベースにしたバンドサウンド(ギター、ベース、ドラムによる一般にハードコアやパンクで使われる楽器での演奏)に副次的な演奏(ピアノ、 キーボード、 シンセサイザーなどの演奏)を用いて、哀愁のあるメロディと情緒的なボーカルを乗せるといったスタイルを特徴とする。なお、エモーショナルで絶叫するようなボーカルパートを持つエモバンドは、エモの一種であるスクリーモにカテゴライズされる場合が多い。


平たく言ってしまうとテンポ感ある楽曲に感情的なヴォーカルを乗せたバンドサウンドということになる。

しかし、エモにはもう一つ歌詞という重要なファクターがある。


インディーロックに共通の特徴として、歌詞はアーティスト自身の経験に根ざした表現が優先されしばしば内省的であり、社会問題に触れる場合でも個人の体験からの訴えという形を取るという傾向がある。英語圏での「ジャンル」の紹介ではこのことがしばしば触れられ、ティーン向けポップメディアでは自殺や自傷行為をテーマにするものがあるとしてセンセーショナルに取り上げられることもある。



ということだ。分かった?

僕はよく分からない。



今までの経験でいくと、パーソナルな歌詞でとても感情が揺れ動いたものを歌詞に置き換えるというタイプが近いように思う。
揺れ動くものは社会に対して、事件や事故に対して、恋愛についてなど。

解散してしまい、先日復活がアナウンスされたMy Chemical Romanseのヴォーカルのジェラルドが911に衝撃を受け、死生観を表現した歌詞を書いて激情で歌い上げるのはエモーショナルである。

ちなみにジェラルドはマイケミをエモだと言われるのが大嫌いなので良い子のみんなは気をつけよう。

僕の中でエモのバンドというとJimmy Eat Worldかな。


エモって言って売りだろうとしてね?




この間テレビで最近人気のバンドですと紹介されてたバンドがあって、それでファンの子がめちゃくちゃエモくて~って言ってた。

けど、曲どう聴いてもエモじゃないんだよね。普通に、最近流行りそうなJ-ROCK的な音だし、ヴォーカルも感情的なタイプではなかった。

エモという言葉が一人歩きし始めて、僕の知らないジャンルとなったのかもしれない。

そこで思ったのが、もしかしてとりあえずエモいって言葉を枕詞してバンドを売り出そうとしてないかってこと。

感情的なヴォーカルったって、ヴォーカルであれば必ず感情的に歌うことはあるでしょ。

あ、ボカロは違うか。歌ものをやる限りは少なからず感情的な要素は入るんだしね。それの要素がちょっと強いバンドだとなにかとエモに括ろうとしてないか。

受け取る側がそう思うならいいけど、売り出す側がそういう考えだとしたら悲しい。
あとエモのバンドに影響を受けてそれっぽい音楽やってるからってエモだっていうのは違う気がする。ワンオクとかBLUE ENCOUNTとかは普通にJ-ROCKの部類じゃないかなぁ。

どうしてもそこに違和感を感じてしまうんだよね。

結局書きたいことがまとめられなくなってしまった。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 





0 件のコメント:

コメントを投稿