2016年12月21日水曜日

【コンビニ】サンクスがファミマに経営統合されて消えていく、僕の思い出とともに





もう7年半の付き合いになるのに、とうとう別れの日が近づいている。

そう思うと、一抹の寂しさが込み上げてくる。

そう。いつだって人は失う時に大切さに気付くのだ。

とうとう気づいてしまった、今までの僕らの関係ではなかったソレに。そうやって徐々に新しい顔を見せて、いつの間にか僕とサヨナラしてしまうのかい?

『ネウロ』で春川教授に対して刹那がこう問いかける。


「たぶん、もう来る。
私じゃない私が」
「私がこの先どんなに壊れても今の私を忘れないで
今ここであなたと話している…
この一瞬の刹那を忘れないで」

春川と同じだ。僕には為す術などないのだ。





なんだ。

この。

この。


ファミチキ


は。

それに、今までなかったはずの無印良品まで

君にそんな面があったとは知らなかったぞ。







消えゆくサンクスと始まるファミマ化



回りくどい話はここまでにして、サンクスがいよいよファミリーマート化してきている。

上に書いた通り、無印良品の取り扱いや、ファミチキがサンクスに並ぶようになった。

僕の会社のすぐ近くにはサンクスがあるので、お昼はかなりの確率でここで買っていた。

僕はサンクスが好きである。

特にサンクスのパスタが好きで、おそらくサンクスの店員の中では「ヨーグルトパスタ野郎」と呼ばれている。そういうパスタではない。ヨーグルトとパスタをしょっちゅう買っているからだ。


特にミートソースパスタは他のコンビニと比べると明らかに美味しい。
でも、最近のソース増量は余計なお節介であるし、なんかここ2年くらいで味が変わったけど。


まぁ、パスタだけで言えばローソンも美味しい。特に生パスタのボンゴレは下手なイタリアンレストランなんかより美味しい。

でも、僕はサンクスを選んだ。


何故か。


信号を渡ってローソンに行くのが面倒だからに他ならない。

つまり、信号さえなければ僕はローソンで「ボンゴレヨーグルト野郎」と呼ばれていたのだ。

そうならなかったのもサンクスがあったおかげである。


個人的な話題が続いて申し訳ないが、家の近所にサンクスがない。
唯一あったのも潰れてしまった。

その割りに家の近所はファミリーマートの出店ラッシュである。ここしばらくの間に半径200m以内に2店舗できた。

こんなペースで出店しているのに、まだサンクスを手中に納めようとしているのか。am/pmだけでは飽きたらなかったのか。

その外堀はセブンイレブンばかり出来るし、この二大勢力は衰えを知らない。

そう、消えていくのだ。サンクスは。
果たして僕はこのパスタをいつまで食べられるだろう。

これからは一食一食、一口一口を噛み締めるように食べよう。


書いてたらローソンのボンゴレが食べたくなってきた。


余談



どうやらサンクスの焼き鳥やCherie Dolceなどのオリジナルブランドのデザートは残るらしい。

おかげで「パステル買ってる場合じゃねぇ」でお馴染みの窯出しとろけるプリンは残りそうである。
パステルのプリンも好きだけど。


そこそこ長年使ってるだけに、無くなるのは寂しいものだ。

最後に一言告げるなら、もちろんこの言葉だろう。


THANKS!








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿