2016年12月1日木曜日

天使かな?Marit Larsen(マリー・ラーセン)ノルウェーの魔法みたいなポップス






Marit Larsen(マリー・ラーセン)というシンガーソングライターを紹介します。








プロフィール



1983年7月1日生まれのノルウェー出身です。
マリオン・レイヴンと2人でM2Mというユニットだったのですが2002年に解散してしまい、マリー・ラーセンはソロアーティストとして活動を始めました。

2006年にアルバム「Under the Surface」でデビュー。


マリー・ラーセンの最も特徴的なところは歌声。童話やおとぎ話の世界みたいな声をしています。

マリー・ラーセンの曲を車でかけたら、母が「これディズニーの人?」というくらいのメルヘンさです。

それが一番強く出ている曲がアルバムタイトル曲でもある"Under the Surface"



Marit Larsen - Under The Surface from RONALD W on Vimeo.


ストリングスが大々的にフィーチャーされた楽曲が幻想的なビデオととても合っていて、うっとりしてしまいます。

僕の中では好きなMVのオールタイムベストの上位に入るくらい好き。






個人的に猛烈にプッシュしたいのがこの曲も収録されたアルバム「If A Song Could Get Me You」





傑作だと思います。


こんなところで演奏も




北欧繋がりでスウェーデンでもそれなりに有名なようです。

スウェーデンといえば何を思い浮かべますか?

僕にとってスウェーデンといえば、イブラヒモビッチです。

まぁ、それもありますが。

スウェーデンといえば、ノーベル賞です。

内容よりも、すぐに人柄とかそういうのに焦点当てる感じ。余談終わり。

マリー・ラーセンはその授賞式で先約もなかったので演奏したりもしています。






か、可愛い。

早くノーベル平和賞あげて!

最後の「get me you」の言い方とか、ちょこんとしたお辞儀とかたまらない。天使か。





あ、天使でした!

僕の中で北欧美人というのはマリー・ラーセンと同意義です。

寒くなりつつありますが、部屋を暖かくして、こんな魔法のような音楽で癒されてみてはいかがでしょうか


このエントリーをはてなブックマークに追加
 





0 件のコメント:

コメントを投稿