2017年6月10日土曜日

サカナクションの"ドキュメント"のMVのエンディングは2パターンあるって知ってます?






Twitterで懐かしい話題を問い合わせをもらいました。


内容はサカナクションの"ドキュメント"のMVについて。


MV集の「SAKANARCHIVE2007-2011」に両バージョンとも収録されているのですが、特に明記はされていませんし、隠し特典に近い形で入っているので分かりづらいです。

せっかくなので、ここで書いておこうと思います。


※僕の見たのはBlu-ray版のためDVDも同様の仕様かはわかりせん

【追記】

別エンディングはblu-ray版だけのようです







エンディングの別バージョン




まず通常版エンディング。

Blu-rayを普通にALL PLAYで見たときのエンディングです。
YouTubeに上がっているのもこのバージョンなので通常版としておきます。







最後に"ドキュメント"が流れ、エンディングは一郎さんの背後を例の女の子が置物を持って横切るところで終わります。


もう1つのエンディングを見るには2パターンあります。
楽曲選択画面から"ドキュメント"を選択する、もしくはALL PLAYでチャプターを送って"ドキュメント"を選択することです。


ALL PLAYでチャプターではなく早送りした場合は通常版が流れました。

意図的に楽曲を選択した時にエンディングが変わるという仕様とでもいいますかね。

なので一回通しで見たきり棚にしまったという人は気づいてないかもしれません。
逆に最初から飛ばし飛ばしで見た人は通常エンディングを知らないかもしれないですね。



※ここからは別エンディングの一部ネタバレを含みます


絶対知らずに見た方が楽しめるので是非見てください
買ってない人は買いましょう。










衝撃の別エンディング




そもそも本編の時点でなかなか衝撃的なMVですが、別エンディングもなかなかパンチが効いてます。

一郎さんが帰宅してiPadを見ているところまでは同じです。

そこから背後に女の子が現れるのですが、置物を手に真っ直ぐ一郎さんのもとへ。そして「一郎くん」と呼び掛けて……

というもの。

この先の1秒に起こる展開はご自分でお確かめください。

初めて見たとき焦りました。僕は。

ただ、何回か見ててこちらのバージョンに馴れたせいか、久しぶりに見たら通常版のそっと通りすぎるもののほうがゾクっとしました。


このMV集は特典映像含めかなり面白いので、オススメです。


最後に余談ですが、MVで見事なストーカー役を演じきった干場かなえ(ほしばかなえ)さんは札幌出身のシンガーソングライターです。女優かと思った。












【こんな記事もあります】
サカナクション10周年記念ライヴ生中継を観て泣いた日
サカナクションが好きだからこそ最近のセットリストについて言わせて欲しい














このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿