2018年6月11日月曜日

【お題】ポルノグラフィティの理想のセットリストを考えてみてください







ポルノグラフィティのライヴには毎回驚かされるばかりだ。常に何かしらの新しい刺激があって、僕らは打ちのめされてしまう。

先日のアミューズフェスでは単独ライヴでもないのに"天気職人"、"空想科学少年"なんかを久しぶりに披露し(やがっ)た。
ちなみに僕は行けなかったので、セットリストを見て咽び泣いた。


そこでやってみたくなったのが「自分の中で最高のポルノグラフィティのセットリスト」を考えてみるということ。

あまりに不毛であまりに魅力的なこの問い掛けに挑戦してみようと思う。

もし僕が石油王だったならポルノグラフィティの頬をビットコインで殴ってでも実現して欲しい、そんなセットリストを妄想してみよう。
※ビットコインは物理的には存在しません


妄想セットリスト



1. ミュージック・アワー
2. ハネウマライダー
3. 天気職人
4. 空が青すぎて
5. 夕陽と星空と僕
6. 黄昏ロマンス
7. グラヴィティ
8. ルーズ
9. 愛が呼ぶほうへ
10. ROLL
11. パシオン (カバー)
12. カメレオン・レンズ
13. 渦
14. ナイトトレイン
15. リビドー
16. n.t
17. ワンモアタイム
18. ギフト
19. A New Day
20. 幸せについて本気出して考えてみた
21. アゲハ蝶

EN-1. 元素L
EN-2. ライン
EN-3. ジレンマ



いかがだろうか。
自分でも意外とシングルが多いな、という印象であった。

半分以上シングルというのは自分でも意外だ。
単純に好きな曲を並べるのではなく、セットリストということを意識した

さて、ここからは妄想セットリスト解説という更に不毛な行為をしていこう。もはや自分でも何のためにやっているか分からない。








妄想セットリスト解説(前半)




1曲目が"ミュージック・アワー"なことには意味がある。それは、前にもどこかで書いたが僕の初めて言ったポルノのライヴが「Purple's」だからである。





そんな理由かよ、ここまで読んでくれた数少ない読者数さえみるみる脱落してゆくのが目に浮かぶようだ。

とにかく、あらためて考えても1曲目が"ミュージック・アワー"というのは、今でも斬新だったなと思う。
当時はあれよあれよという間に流され聞いたので、そのリベンジがしたい。

そして次にくる曲か"ハネウマライダー"である。「次の曲」というか「次の種目」レベルで体力を使わせる。"ハネウマライダー"は「OPEN MUSIC CABINET」ツアーの1曲目(オープンを除く)だったけど、それ以降はライヴ終盤で披露することが多い。
※「THE WAY」はアコースティックだったからちょっと意味合いが違う





なので、最初からタオル回してしまおうと。

そこから広がる空というイメージで"天気職人"になり、"空が青すぎて"→"夕陽と星空と僕"の爽やか失恋コンボをぶち込む。

"黄昏ロマンス"で暖かい夕暮れを描きつつ、"グラヴィティ"→"ルーズ"である。ここで僕は確実に仕留められる。確実に(僕の)息の根を止めるために"ROLL"で追い討ちをして、"愛が呼ぶほうへ"で全て受け止めるのだ。もうここでライフはない。

もうHPはないが、ここから後半戦となる。なんでこんな命を削るセットリストを考えてしまったのだろう。
『HUNTER×HUNTER』の念の制約みたいだ。

続けよう。

前にも書いたが新藤晴一(作詞)×本間昭光(作曲)の名曲"パシオン"。Busyが解散してしまった今、その遺志を継がなくてはならない。ということで"パシオン"のカバーを入れた。本当に大好きでなんとしても聴きたいし、多くのファンの方に聴いて欲しい。



妄想セットリスト解説(後半)




ここから後半戦である。空のイメージを一変させ、ダークな世界観に引きずり込む。それには"カメレオン・レンズ"が適している。

"渦"→"ナイトトレイン"→"リビドー"というポルノのロック面を全開にさせる。さぁ、頭を振れ。そこから"n.t."で人生を見つめ直し、"ワンモアタイム"で新たなる決意を胸に秘める。

続くのは希望の歌である。

"ギフト"→"A New Day"→"幸せについて本気出して考えてみた"という希望ソング3連発。くだらない自己啓発本を読むくらいならこれを聴け、という破壊力である。

最後は"アゲハ蝶"。

すみません一番好きな曲だからです。

アンコールの"元素L"と"ライン"は聴きたいけれど、本編にねじ込めなかったため、この立ち位置に。それでもこの流れはアンコールでも人を殺せる力がある。最後はもちろん"ジレンマ"だ。


ということで書いてみた。
ブロック毎に「これ来たら死ぬ」という方も結構いるのではと思う。

もちろん、あらためて言うがこの記事になんの意味もない。

あ、"Century Lovers"入れるの忘れてた。


【関連記事】
【妄想】もしポルノグラフィティのトリビュートアルバムが出るとしたら?
バニラのにおいがするタイニーな女の子に勝てるポルノグラフィティの女の子は誰だ選手権
もしもポルノグラフィティがゴリラだったら














このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿