2016年5月28日土曜日

【レポ】THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR @国立代々木競技場第一体育館 DAY.2 part.2






続き。


ネタバレ嫌な方は気をつけて。








ライヴ序盤が終わる。

エマさんのギターが鳴る。歪ませたサウンドで最初は“天国旅行”かと思った。彼女さんも初日そう思ったらしいから、俺は間違ってない。

ギターが鳴り止み、おもむろに吉井さんの歌が飛び込む。


“球根”
かなりの勢いでイエモンの曲を聴き込んできたけど、その中でもかなり再生回数多い。俺でも発売したころにサビよく聴いてたもんな。
うん。もうありとあらゆる要素が好き。

この曲で特に思ったんだけど、吉井さんの歌が本当に素晴らしい。
単純に上手いとか、声が衰えてないとかいうだけじゃない。

《正しき》とか《あるべき》フロントマンである。分からないって?俺も説明できねーよ。
本質的なボーカリストとしての完璧な要素がある。人を惹きつけたり、魅了したりという才能というかな。

もう、この“球根”が本当に素晴らしかったのよ。身震いしてしまうほどの演奏だった。決して冷房直撃で寒かったわけではない。

ところでFM802でやった企画のハルカトミユキによる“球根”カバーをマジで聴きたいのにまだ聴けてない。CD出してくれ。これのためなら金に糸目はつけない。頼む。


“カナリヤ”
印象的なイントロのシンセ。ライヴで聴くと、CD以上に映えるなと感じた。
基本的にはライヴバンドはライヴで聴いた方がそりゃ良いに決まってるんだけど、それをもってしても、良い。


“HOTEL宇宙船”“花吹雪”と「SICKS」の曲が続く。曲順もそのままだね。
“HOTEL宇宙船”本当に変な曲だよなぁ。まともな要素ねぇもん(褒めてる)

全体的にヘンテコなのに、サビの妙なキャッチーさが絶妙なバランス感覚だと思う。

対照的に“花吹雪”はどこまでも真っ当な名曲としての要素を持ってる。王道と言っていいくらい。とても日本人的なメロディライン。日本人が本能で好きなタイプ。

MC(ここだったか自信ない)
やっぱイエロー・モンキー最高だ!

みんなこんな金ピカですよ(衣装)


“空の青と本当の気持ち”
自分の中で、良いミディアムナンバーを書けるバンドは大好きになるという傾向にある。
これも自分が大好きなタイプのミディアムナンバーだ。つまりはイエモン、そりゃ好きになるわ。


ここまでが中盤のシークエンス。


一度メンバーが退場し、ライヴ当日から少しずつ日付を遡る映像が流れる。
会場の設営やリハ映像。最後は2016年1月8日、つまり再集結が発表された日へと行き着く。

メンバーが再登場。

吉井さんが「準備?」と何度も煽る。

会場はこの曲のためのブルーに光るライトの演出。


“ALRIGHT”
イエモンの再出発となった曲。同時にいまでも色褪せないバンドとしてのポテンシャルを幾分にも発揮した曲。
こうした過去のベストヒットの中にぽつんと佇む新曲、なのに全く遜色ない存在となってる。シンプルでストレートな歌詞だからこそ、あらためて響くのかもしれない。


“SPARK”
きたー!SPARKだー!うぉーー!
って叫びたくなる。なんか異常なくらいテンション上がる。CDでもこんななのに、ライヴでイントロ聴いたらもっと興奮した。たまらん。

無条件でアドレナリンが溢れ出てくるような曲。興奮度でいうとたぶんここが一番高かった。
たぶん耳じゃなくて脊髄くらいでで反応してる。


“見てないようで見てる”
直接的な表現じゃないのに、やたら変態的な曲。昭和のスケベ的な。
でもカッコイイ。ライヴでも盛り上がる。さすが20世紀のバンド。


“SUCK OF LIFE”
カタツムリアルバム好きなので、アルバムの曲聴けると嬉しい。
この曲ってメンバー全員本当に楽しそうだよね。

バンドっていいなぁと思う。

ちなみに吉井さんがエマさんを「日本一、いや世界一レスポールの似合う男!」と紹介してたけど、ポルノヲタの意地として日本一レスポールが似合うのは晴一さんだということは譲れない。

ヒーセさんを「野鳥の会、とにかく世界中のサンダーバードを集めてリフィニッシュしまくる男」

アニーさんを「いったい今までどこのジャングルで暮らしていたんだい」

とか今更な「ワイルドだろぅ〜?」とかいちいち面白い笑
で、三国さんはどこへ消えてしまったのだろうか。

MC
たぶん、いやもう絶対The Yellow Monkeyは解散しない
一生続けていく

なんかもうこんな浅いファンなのに、涙腺にくる。


"バラ色の日々"
聴いた回数だけ、どんどんこの曲の存在が強くなっていく。そんな気がする。
歌いだしでこの日何度も立っている鳥肌が最高潮になる。

暁に〜!の言葉でもう会場は沸騰している。みんな分かってる。


”悲しきASIAN BOY”
ライヴで聴くのがとにかく楽しみだった曲。
こんなん盛り上がらないほうがおかしい。悲鳴に近い歓声が上がっている。

この曲のサビは油断すると突然頭に流れるから困る。すごく耳に残る。

本編がついに終わる。


パート3に続く







このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿