2018年5月24日木曜日

【都市伝説】関暁夫が語るトランスヒューマニズム 銀河鉄道999とX-ファイルが予期した未来







先日「やりすぎ都市伝説」の関暁夫の外伝スペシャル「やりすぎ都市伝説SS 緊急!”人類の未来年表”は残り27年」の放送があった。

その中で、ナノテクノロジーによる遺伝子操作という内容があり、自分の中で1つ点と点が線になったことがあったので、備忘録がてら書き残しておく。

2時間の特番だけあって、かなり多岐に渡るテーマが語られた。

取り上げられたマイクロチップを扱う企業「バイオニフィケン」のロゴの"目"など、興味深いテーマがあったが、その中でも「体内マイクロチップ埋め込み計画」「ギョベクリ・テペの神」を中心に書いていきたい。



2018年5月22日火曜日

"愛が呼ぶほうへ"の歌詞の意味をストーカーという奴を俺は許さない





ポルノグラフィティに"愛が呼ぶほうへ"という曲がある。


2003年にリリースされた13枚目のシングルである。
陳腐な言葉ながら、他に相応しく形容する言葉がないので使うが"名曲"である。

先日あらためて歌詞を見ながら惚れ惚れと聴いていると、自然に涙が流れてきた。
もう何度となく聴いてきたはずなのに、今でもその圧倒的な包容力にやられてしまう。

歌詞解釈というほどではないが、あらためて"愛が呼ぶほうへ"という名曲について語ってみよう。


2018年5月20日日曜日

「音楽に政治を持ち込むな」~ミュージシャンは主張をするべきか




※この記事は過去記事に加筆修正をしたものです


2016年のフジロック辺りから何かと話題となった「政治と音楽」問題。

下書きに書いておいたけれど、内容が内容で政治の話題なので公開すべきか迷ってた。

たとえばトランプ大統領の就任などでもミュージシャンが政治的な発言も何かと話題となったので、自分としても残しておこうと決意して公開する次第。
これに関しては色々な意見があると思うけど、一つの意見として見てもらいたい。

テーマは、

音楽と政治~ミュージシャンは主張をするべきか