2020年6月22日月曜日

コロナ禍にも動じないミュージシャンの特徴









「コロナ禍」と呼ばれる状況が続いている。

緊急事態宣言が解除され、少しずつ規制が緩和されつつあるが、未だ予断を許さない空気が続いている。2月にライヴハウスでの感染者の発覚から、ライヴというものの開催さえも難しい。

無観客での開催、小~中規模のイベントは席の間隔をあけるなどして、感染予防の徹底が必要とされている。

しかしながら、満席になったとしてもチケット代でハコ代がようやくペイされるという話もあるくらいで、観客数を削減したのでは採算的には厳しいという見方もあるなかで、興行の側面で見ればかなり厳しいだろう。

表現者と呼ばれる人々の多くが、この状況下で何ができるだろうか、何をしていいのだろうかと自答し続けている。

「音楽は不要不急ではない」と声にするミュージシャンも多いなかで、この状況を淡々と受け止めているミュージシャンたちもいる。その声は、折しも自分の好きなミュージシャンに多い気がした。

好きなミュージシャンだけに発言に触れる機会が多いということもあるが、ある理由があるのではないかと思ったことがあるので、記そうと思う。



2020年6月14日日曜日

ポルノ全シングルレビュー 20th「ハネウマライダー」








全シングルレビューも遂に20枚目に突入した。

近年の作品はリアルタイムで書いているので、それを踏まえると約半分は終わったと言っていいだろう。

これを「ようやく半分かよ」と捉えた方がいるとすれば、これだけは言っておきたい。

至極その通りだ。

というかそもそも更新が二週間ぶりということに驚いた。

さて、今回も粛々と進めていこう。


ポルノ全シングルレビュー 20th「ハネウマライダー」







2020年5月31日日曜日

フジファブリック"若者のすべて”の歌詞の花火は何の花火だったのか









人は儚さの中に美しさを見出だす。

混迷の世などものともせず、今年も美しく咲いて散っていった桜のように。

花火もそのひとつだ。

夜空に一瞬の輝きを放ち、消えてしまう。

一瞬が永遠となる。

そんな花火に、人は魅了される。

フジファブリックの"若者のすべて"を聴くとそんなことを思ってしまう。



2020年5月25日月曜日

#おうちでポルノライヴ はなぜ感動的だったのか








5/22~5/24の3日間ポルノグラフィティのYouTubeチャンネル「ポルノグラフィティ SPECIAL LIVE SELECTION ~LIVE ON LINE~」」という企画が配信された。

歴代のライヴ映像+映像作品にはなっていない「しまなみロマンスポルノ’18 〜THE LIVE VIEWING〜」からスタッフとメンバーが選曲した映像が流れた。

ポルノグラフィティは有難いことに毎回のように映像作品に残してくれるので、一度は見ているはずの映像たちの総集編でなぜこんなにも興奮し、なぜこんなにも感動したのか、その理由を紐解きたい。



2020年5月23日土曜日

ポルノグラフィティを初めて聴くと全力で思い込んで聴いてみた









ある程度ポルノグラフィティに毒されたファンになると、曲に対しての理解の深度は上がってくる。

それに比例して、新鮮さはなくなっていく。

人は、慣れてしまう生き物なのだ。

今からポルノグラフィティの曲を初めて聴くという人が、兎に角羨ましい。バンド界隈でたまに話題になるファン歴でマウントを取るなど、如何におこがましい行為か。

なので僕は今からポルノグラフィティと出逢う人々へ、畏敬の念を禁じ得ない。

僕はもうポルノグラフィティと出逢ってしまっている。ポルノグラフィティと出逢ったときのあの純粋な喜びは、もうないのだ。

それを叶えるには、自己暗示しかない。

せっかくなので初めてポルノグラフィティを聴く+初めて聴いた14才の時の気持ちになるよう、全力で脳を騙すことにする。

ちなみに本当に一週間くらいポルノ断ちしてからやろうかとも思ったけど、本当に病みそうだったのでやめました。