2019年11月7日木曜日

なぜポルノグラフィティは東京ドームで "n.t."を演奏したのか








ポルノグラフィティの20周年ライヴ「NIPPONロマンスポルノ'19〜神vs神〜”」。

2日間の中でトピックを挙げればキリがなくなってしまうが、ひとつには"n.t."が挙げられるだろう。

初日は岡野昭仁による弾き語り、2日目はバンドでの演奏という、贅沢なアレンジ違いで堪能することができた。

改めて力強い楽曲だと思わされた訳だが、今一度歌詞の解釈から東京ドームで演奏された意義を問いたいと思う。



なぜポルノグラフィティは東京ドームで"n.t."を演奏したのか

※TOP画は『蒼天航路』より引用


2019年10月27日日曜日

ほんとにあった!呪いのビデオ81 ネタバレ感想











ほんとにあった!呪いのビデオ81 ネタバレ感想

2019年4月3日リリース
演出:KANEDA 
演出協力:福田陽平、美濃良偲、藤本裕貴、細沼孝之 
ナレーション:中村義洋







2019年10月26日土曜日

ドレスコーズ「ジャズ」日本一遅い感想レビュー







ドレスコーズのアルバム「ジャズ」について書きたい。
発売されたのは2019年5月1日。つまりは令和と共に世に放たれたアルバムである。

もちろんリアルタイムで購入し、今日まで何度となく聴いてきた。しかし、このアルバム何度書こうにも、途中でめげてしまっていた。それだけ情景量が多くまとまりきらなかったのだ。

なので敬愛する番組「山田玲司のヤングサンデー」で玲司先生とおっくんにまた死ぬほど語り倒してもらい、僕はそれをじゃがりこでもかじりながら見れば良いやと思っていた。
実は玲司先生に白亜のイベントで挨拶させていただく機会があり、「ジャズ回楽しみにしてます。何時間でもやってください」と伝えていたのだ。全力で他力本願していくスタイルだ。

ところが結果的にタイミングが合わずに、「ジャズ回」はどうやらないようだということが伝えられた。いよいよそうなると、僕のない頭で考えるしかない。

ということで今に至った、というのが言い訳である。

しかしながら、やはりこの傑作に対して、何も触れずにはいられない。正直まとまらない記事になると思うが、ご了承いただきお読みいただきたい。


ドレスコーズ「ジャズ」日本一遅い感想レビュー








2019年10月19日土曜日

"ヒトリノ夜"歌詞解釈 100万人のために歌われたラブソング









先日"ヒトリノ夜"を聴いていて、そういえばこの曲の視点は不思議だなと思うことがあった。

今まで普通に聴いていただけに、その引っ掛かりについて考えるほど、深みにハマってしまった。

答えが出るかわからないが、書きながら考えていきたい。


ポルノグラフィティ "ヒトリノ夜"歌詞解釈