2020年11月10日火曜日

なきごと "ラズベリー” の感想と歌詞解釈






なきごとの2020年の配信シングル第2弾となる"ラズベリー"が配信された。

諸事情でブログを書く余裕がなかったため遅くなったが、後れ馳せながら記録を残しておく。

"春中夢"に続き、2020年を象徴する楽曲となっている。


なきごと "ラズベリー” の感想と歌詞解釈

【ライヴレポ】THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL- @東京ドーム 2020.11.3








THE YELLOW MONKEYが東京ドームでの有観客ライヴを行った。

コロナ禍と呼ばれる状況になってから、有観客のライヴ公演としては最大規模のものだ。
日本国内だけでなく、世界規模で見てもドームクラスの公演は初ということもあり、世間の注目が集まったライヴとなった。

エンターテインメントの未来すら左右する、東京ドームに集まった19,000人の観客たち。その1人になった人間が会場で感じたものを記録として残したい。

ライヴの具体的な内容については、当日の中継やストリーミング配信もあったので、そこまで深くは語らないので、ライヴのことだけ見たいという方はご注意を。

THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL-
@東京ドーム 2020.11.3


※TOP画はオフィシャルサイトより引用


2020年10月21日水曜日

“サイバーロマンスポルノ'20 ~REUNION~” 開催に向けて









ポルノグラフィティの「サイバーロマンスポルノ'20 ~REUNION~」開催が発表された。

おそらくポルノグラフィティにとっては、これが2020年唯一のライヴとなるだろう。

このタイトルに込められた思いを読み解きたい。


2020年10月15日木曜日

ポルノ全アルバムレビュー6th「m-CABI」









ポルノグラフィティの6作目のオリジナルアルバム「m-CABI」。

mはmusic、CABIはcabinet のことで、キャビネットにテーマ毎に曲が収められている。

シングルA面曲が5曲、「仕切り」として挿入されているインタールード"m-NAVI"4曲含め17曲という大ボリュームなアルバム。

そのため、アルバム1枚聴き終わるとかなりお腹いっぱいになる。

ということで、早速曲ごとに書いていくことにする。


ポルノ全アルバムレビュー6th「m-CABI」




2020年10月6日火曜日

なきごと "春中夢” の感想と歌詞解釈










白昼夢とは。

日中、目を覚ましたままで空想や想像を夢のように映像として見ていること。また、そのような非現実的な幻想にふけること。白日夢。
goo辞書より

英語では「daydream」(デイドリーム)。

とても詩的な言葉なので、様々な映画、音楽、文学で用いられる言葉だ。

たとえばThe Monkeesの曲で、THE TIMERSがカバーした"デイ・ドリーム・ビリーバー〜DAY DREAM BELIEVER〜"などは、CMなどで一度は耳にしたことがあるだろう。

夢、現(うつつ)そんな幻想のような世界で、何を思うのか。


なきごとの2周年を祝う日に配信リリースされた、"春中夢"(はるちゅうむ)は白昼夢をもじり、2020年の春を唄う。

TOP画はSPICEより引用