2018年10月12日金曜日

SUPERCAR(スーパーカー)というか、いしわたり淳治の好きな歌詞まとめ









解散してバンドで復活して欲しいとしたら?

と訊かれたら迷わず「スーパーカー」と答えることにしている。

もし万が一そうなったとしたら、ELLEGARDENの復活に沸いた元キッズたちのエネルギーをひとまとめにしたくらい興奮する。

解散して干支が一回り以上してしまっているし、知らない方も多いと思うので、バンドについて簡単に。



2018年10月8日月曜日

記憶と嗅覚 ポルノグラフィティの楽曲で「匂い」が出てくる歌詞を分析する







最近、アホのくせに一丁前に「プルースト効果」について考えている。

プルースト効果とは、簡単にいえば「匂いによって人の記憶が呼び起こされる」というものだ。

フランスの小説家マルセル・プルーストが小説『失われた時を求めて』で書いたエピソードの由来する。主人公の「私」がマドレーヌを紅茶に浸して口にした時に、過去の記憶が甦るという話だ。






小説としてはとても長い話だが、名作なので、まぁ読んでない方が無粋というものだ。ちなみに僕は読んでいない。

かのように、人の嗅覚と記憶は密接に結びつく。聡明な僕は鼻から入った匂い成分が直接脳にも影響するのではないかと、推測しているが、生憎僕は鼻炎持ちなので証明出来ず悔やむばかりである。

本題に入ろう。ポルノグラフィティの楽曲においても、しばしば「香り」が登場する。匂い、臭い、悪臭、様々であるが、これもまた記憶に結びつく重要な要素となっている。

ということで香りという観点からポルノグラフィティの歌詞を見ていこう。