2017年12月22日金曜日

2017年を振り返る アルバム・オブ・ザ・イヤー TOP5





2017年も間もなく終わりを迎える。

ということで、少しずつ今年のまとめを書いていこう。

まずは音楽ブログらしく、2017年のベストアルバムを選出しよう。

昔は音楽誌に倣ってトップ50とかやっていたが、もはやそんな枚数とモチベーションを持てなくなってしまったので、トップ5という潔い縮小をさせていただくことにする。

どうでもいいか。





5位 John Mayer「The Search for Everything」







BECKの「COLORS」とかなり悩んだけど、久しぶりにじっくり聴いてあらためて感動したため、ランクイン。

病を乗り越えたJohn Mayer。近年の作品はカントリー要素が強く、どちらかといえばギターよりも歌に注力しているようであった。それは病によって歌声が危ぶまれた時期を乗り越えたことへの喜びと反動であったのだろう。その分ギターがちょっと抑え気味であったことが少しばかり残念であった。

そんな経緯を経てリリースされた作品は、今までのJohn Mayerの全てが詰まっていた。全乗せである。

キャッチーな楽曲、いつまでも聴いていたいギターソロ、そして全2作を通して得た歌の力。そこにR&B要素等が新たに加わり正に「The Search for Everything」の名に相応しい、輝かしい作品が誕生したのだ。


【感想】John Mayer「The Search For Everything」おかえりジョン・メイヤー



4位 ポルノグラフィティ「BUTTERFLY EFFECT」








ポルノグラフィティを4位に入れざるを得ない日がくるとは。

もちろん個々に見ていくととても大好きな曲も多いし、すでに尋常じゃない再生数を誇っているが、アルバムとしてみると散漫になりすぎている感があり、最後の方で少し食傷気味になってしまう。

それでもまぁ"夜間飛行"なんて、とんでもない名曲がいたり、新しいチャレンジであったり、止まることを知らない岡野昭仁のヴォーカル能力の向上であったり、今のポルノグラフィティをしっかり堪能できる1枚となっている。

もちろんツアーを聴けばまた聴き方が変わるとは思うのだが、アルバム作品として捉えた時には、個人的には「RHINOCEROS」くらいのまとまりの方が好みである。


【全曲感想】ポルノグラフィティ 11thアルバム「BUTTERFLY EFFECT」










3位 印象派「印象派は君に問いかける」








印象派が遂にリリースしたフルアルバム。
印象派の新しい曲を聴く度に、次にどんな音がくるのかワクワクしてしまう、音楽はこんなに自由で楽しい舞台なのだ。

タイトルトラック"印象派は君に問いかける"をはじめ、アルバムの中で様々な問いかけが投げられる。
一見するとふざけて遊んでいるような曲ばかりなのに、しっかり見ていくととてもふざけているなんて思えないシニカルさを秘めているアルバムである。

そんな中で"球状"はどこまでも普遍的で優しい輝きを放っている。

さぁ、これを聴いた君は今の時代をどう生きる?


【感想】印象派 アルバム「印象派は君に問いかける」は"今"聴くべき傑作



2位 ハルカトミユキ「溜息の断面図」








今の時代、こんな怒ってる人たちはいないのではないだろうか。今の若い世代にとって《諦めることだけが上手くなる》これほど強烈に響く言葉はないのではないか。

怒りは原動力となり、アルバムの推進力を保つための起爆剤となっている。しかし、随所に溢れているのは、希望である。

そんな欠片を拾いながら、最後に《そっと落としていった 最後の願いを/次の誰かが拾って歩きだす》という希望で終わる。

頭に焼き付けろ


【感想】ハルカトミユキ 3rdアルバム「溜息の断面図」全曲レビュー



いよいよ第1位の発表.2017年最も聴いたアルバムはもちろんコレ!



1位 ドレスコーズ「平凡」







華々しいファンファーレのようなホーン隊の音から志磨遼平、いや平凡さんが歌いだす《平々凡々こそ我らの理想/暴力的個性の時代 the end/ありきたりな第三市民の闘争/我こそ凡庸なるkingの登場 》

この部分だけでも「とんでもないことが始まった」と思わされてしまう。

アルバム全編を通して一言で片付けられる代物ではない。なんせリリースされてから今日まで何度も聴き返しているが、未だ全貌が掴めないのだ。
山田玲司のヤングサンデーの伝説の「平凡」回(6時間)は3回見た。


20世紀の資本主義の限界と崩壊、平凡とは、そんな問いかけがアルバムに詰まっている。歌詞カードだけ見れば、なんて取っ付きづらい内容だろう。

駄菓子菓子、いや、だがしかし、そこにあまりにファンキーでダンサンブルが楽曲に乗せることで、こんなに頭で悩まされ身体で踊らせるとんでもないバランス感覚のアルバムになってしまうのだ。

それはかつてピート・タウンゼントが放ったあまりにも有名な言葉「ロックンロールは、別に俺たちを苦悩から解放してもくれないし逃避させてもくれない。 ただ、悩んだまま躍らせるんだ」を体現しているようで、この言葉への反発にも聞こえる。

僕はよく音楽の持つ時代性の大切さをここで書いてきた。これなのだ。
2017年という時代に、デヴィッド・ボウイもチャック・ベリーもプリンスもいなくなってしまった、今この時代だからこそ、リアルタイムにこれを体験できること、それこそが音楽をリアルタイムで楽しむこと、今を生きている特権なのだ。


ドレスコーズビギナーがアルバム「平凡」を聴いた感想と志磨遼平の魅力



ということでアルバム・オブ・ザ・イヤー TOP5でした。










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年12月21日木曜日

バニラのにおいがするタイニーな女の子に勝てるポルノグラフィティの女の子は誰だ選手権






上田啓太さんのブログ「真顔日記」が好きでよく読んでいる。

その中の人気記事に「バニラのにおいがするタイニーな女の子には勝てない」というエントリーがある。

aikoの"二時頃"という楽曲に出てくる「バニラのにおいがするタイニーな女の子」こそが最強であるという記事だ。
とても好きな記事で先日読み返していたのだが、ふと思った。


この子に勝てる女の子がポルノグラフィティの楽曲にいるだろうか。


だてに「じゃけん4兄妹」だ。
※ポルノグラフィティの3人(Tamaさん含む)とaikoの4人からなる仲良しの通称

先輩としてポルノグラフィティも負けてられないではないか。

ということで、すでに話の運びに無理があるが、ポルノグラフィティで最強の女の子は誰か考えて、バニラのにおいがするタイニーな女の子に挑んでみようという不毛な企画である。


ポルノグラフィティの楽曲で最強の女の子




まず肝心のポルノグラフィティ代表を選抜せねばならない。

自分の独断と偏見で魅力的な女の子をピックアップしてみよう。


エントリーNo.1 「恋するウサギ」ちゃん
from ミュージック・アワー


ウサギは可愛い。しかも老若男女問わない魅力である。そのウサギを名前にして恋する女の子。メロメロである。
お前がウサギ好きなだけだろうというツッコミはごもっともである。だが"なぜ人を好きになるとこんなにも苦しいのでしょう?"なんてラジオに(!)送ってくる女の子、可愛いではないか。


エントリーNo.2 ミントティー飲みながら女スパイに憧れる女の子
from ラビュー・ラビュー



ポルノグラフィティの楽曲の中でも男たちから絶大な支持を受けているであろう女の子だ。
「手を繋ぐのをためらったら事の重大さを10分も説かれた」「ちょっとした考えこどしていたら君が僕以上に深刻な顔だった」可愛い。

正直実際付き合うとしたら面倒くさいと思う人も一定数いると思うので、言い切れはしないがポルノグラフィティの中でもかなり強い女の子だろう。



エントリーNo.3 大事にしてねと月を残して去る女の子
from 月飼い



これは強い。かなり強いのではないか。
なぜなら、「月を飼う」と言い出して水槽を持ち出すロマンチスズムを持っているのに、それを置き去りにして去ってしまう姿勢である。

水槽の水を掛けて角で殴るという展開にも持って行けるので、たとえバニラのにおいがするタイニーな女の子とすら対等に太刀打ちできそうである。








エントリーNo.4 愛読書がケルアックだったあの子
from 君の愛読書がケルアックだった件



最新曲になるが、普段教室で静かに本を読んでいる女の子、その本がヒッピー、ドラッグ、セックスのようなケルアックである。ギャップ萌えだ。

心に秘めたもの、それを想像すると、その魅力と恐ろしさがよく分かるだろう。


エントリーNo.5 部屋のドアを出るときの「じゃあ、また。」は嘘じゃ許さない女の子
from 横浜リリー



明らかに女の"子"ではないご容赦を。
バカな男を愛してしまった女。強いけれど、弱い。男はそんな女性に弱い。

「バカね」と思いながらもそれを愛せずにはいられない自分の感情こそがバカなのか、愚かなのか。しかしだからこそ「じゃあ、また。」が"とりあえず"の言葉であることを許さない。それこそが切なさなのだ。


エントリーNo.6 「真剣な顔した男女が追いかけごっこしている」と思われるくらい自転車を飛ばす女の子
from Aokage



これ最近思ったんですけど、これこそが昭仁さんの書いた「僕は本当いっしょうけんめい愛されてるね」なんだと思う。

「楽しみにしてたのに待ち合わせの時間に遅れるなんて!」なんてふてくされて先を走る彼女。それを必死に追いかけてトンネル抜けたら海が綺麗ねって、あーもうそのまま海に沈めと思わざるをえないほど眩しい。



エントリーNo.7 あふれる縦横無尽で一瞬で子猫にも変わるレディ・ライオンな女の子
from ライオン



もはや形容詞が多すぎて何がなにやら。
"ライオン"は街(おそらく渋谷)を跋扈する女子高生たちを書いた歌詞である。まさに縦横無尽である。

バニラのにおいがするタイニーな女の子などサバンナの中ではインパラに過ぎない。一撃である。


ということで思いつくままに7名を選出した。

このメンバーならバニラのにおいのするタイニーな女の子に立ち向かえる。勝てるかもしれない。

さぁこれで役者は揃った。あとはここから選抜である。
また来週。

彼女たちの闘いはこれからだ!


※編集注
当企画は今週を持って打ち切りとなりました。
先生の次回先にご期待ください。






"君の愛読書がケルアックだった件"の歌詞が実はとんでもなくヤッバイ内容な件
「ポルノ?昔は聴いてたよ」という人をギャフンと言わせる最近のポルノグラフィティの名曲10選










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年12月19日火曜日

「この場所で歌うのが、大好きな曲です」と吉井和哉は言った(ディレクターズカット版) ~THE YELLOW MONKEY @東京ドーム






この記事は音楽文.comに投稿した、
「この場所で歌うのが、大好きな曲です」と吉井和哉は言った ~THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017 SPECIAL」
わりと大幅な加筆修正を加えたものです。


タイトルについてはディレクターズカット版と言ってみたかっただけです。

THE YELLOW MONKEYの東京ドーム2Daysを見た。

THE YELLOW MONKEYにとって東京ドームは終息の地であった。活動休止前の最後のライヴ、そして最後に演奏をした場所である。メンバーにとっても、古くからのファンにとっても、大切な場所であり、ある種、因縁とも呼べる場所だろう。

解散前のイエモンを僕は知らない。知ってる内容はあくまでも話として聞いたり、映像を見たりといった間接的に知り得たものばかりである。だがそんな自分でも、東京ドームでイエモンがライヴを行う、その重みがひしひしと感じられるものであった。

もはや恒例となった開演へのカウントダウンと共にライヴは始まった。ステージ中央に設けられたバルーンが割れ「大きな犬小屋へようこそ!WELCOME! 」の声と共に"WELCOME TO MY DOGHOUSE"が始まった。活動休止前の東京ドーム公演で最後に演奏された曲である。約17年の時を経て今に繋がったのだ。アリーナ中央に伸びた花道で演奏するメンバー。全方位から見えるその場所は全てをさらけ出すという覚悟でもあるように見えた。

そこからのライヴはまさに怒涛という言葉が相応しいほど濃いものであった。シングル曲を中心に出し惜しみなく曲を披露し会場をヒートアップさせていく。
個人的にとても大好きな曲"嘆くなり我が夜のファンタジー"が聴けて嬉しい。

更にはようやく生で聴けた!という喜びに溢れる"真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)"である。しかもちゃんとフルオーケストラをバックにこの曲を聴けたことは、なんという喜びだろう。
いや、もしかしたらやるかもとは仄かに期待をしていた。だが、まさかこんなに早い段階で、"天国旅行"から続く流れとは、完全なる不意討ちである。全く覚悟できていなかった。

最後の謎の朝焼けのCG映像には若干疑問が残るものの、アウトロでオーケストラをしっかり聴かせてくれたので、本当に大満足である。

その後に最新曲"Stars"が披露された。星になってしまったデヴィッド・ボウイへのリスペクト溢れるこのナンバーである。
東京ドームで初めて見たロックコンサートはデヴィッド・ボウイであったという。見ながら「こんなデカイところでは自分たちは無理だと思った」と思っていたそうだ。そんな舞台に立ち、歌う《DEAR MY ROCKSTAR/またあなたに呼ばれた》。これを運命と例えるのは陳腐だろうか。

"MY WINDING ROAD"で使われた菊地英昭の色とりどりに光る謎のギター。
ライヴ2日後くらいに、何の気なしにSagoギターのページ見て涎垂らそうかなと思ってホームページ見に行ったら。





マジかよ。

あの印象的なギターがまさかのSagoのギターだったとは。Sagoが更に好きになっちゃったではないか。いつかオーダーしたいなぁ。

中盤からはホーンセクションもステージに当日して、楽曲に厚みを加えて面白いアレンジになっていたものが多かった。特に生のホーンでの"プライマル。"は感動である。

"ALRIGHT"の間奏ではメンバー紹介が挟まれた。菊地英二、サポートメンバーの鶴谷崇、菊地英昭、廣瀬洋一、そして吉井和哉。次々名前が叫ばれていく、そして最後に「and Everybody!」と観客に向けての賛辞が叫ばれる。それに続く歌詞は、

《何よりもここでこうしてることが奇跡と思うんだ》

再集結のアリーナツアーから演奏され続けてきた"ALRIGHT"であるが、東京ドームのド真ん中で、誇らしげに歌い上げる姿に胸が熱くなる。
この場所で叫ぶその言葉の重みがそうさせるのだろう。

本編の最後となったのは"JAM"だ。この曲に入る前「東京ドームでやることがとても感慨深い曲」と語っていた。2004年12月のイベントで、再集結までの間で最後に演奏された唯一の曲である。そしてその舞台こそが東京ドームであった。

僕は当時を知らない。だがあの5万人の中に、あの日の"JAM"を聴いていた人がいたとしたら、その胸中を計り知ることはできないだろう。それはメンバーも同じはずだ。「感慨深い」という言葉が持つ意味以上の感情が垣間見えた。

演奏された"JAM"は「トラウマ」とまで言った過去を全て振り払うように、いや過去も今も、未来さえも肯定するように、5万人の観客1人ひとりに手渡されるように響いていった。








ライヴ2日目。初日と同じく盛り上がったライヴ本編、最後に演奏されたのは、やはり"JAM"である。曲前に同じくMCが入ったが、その言葉は前日のものとは異なっていた。

「この場所で歌うのが、大好きな曲です」

1990年に東京ドームでデヴィッド・ボウイを見ながら「こんなデカイところでは自分たちは無理だと思った」と語っていた男は、歌い終わりに天を仰いだ。そんな"JAM"の歌詞は、

《また明日を待ってる》

という希望の言葉で終わる。
過去と向き合うためであったライヴは、いつしか未来を見据えるライヴに変わっていた。あの日のかさぶたはもう、そこにはない。

アンコールへの間に「オトトキ」主題歌の"Horizon"のミュージック・ビデオが流れた。とても素晴らしかったライヴだが、この点に関してはかなり不満を申し上げたい。

何故なら、この曲は生で演奏して欲しかったのだ。
「オトトキ」で聴いてとても入れ込むほど聴き込んでいて、この曲で泣くという思いで東京ドームに来たのだ。いや、勝手な期待だけどもさ。

しかもそのミュージック・ビデオも、ちょっとなぁという出来と思えてしまう。アニメーションだけど、歌詞そのまんまみたいな感じで。
個人的な好みになってしまうけど、僕はこうした歌詞に出てくるモチーフをポンポンと出してくるミュージック・ビデオはあまり好きではない。

なぜなら歌詞で言葉として書いてあるんだから、なんでそれをあえて映像にするかなという思いだ。大切なことは、そのモチーフから何を受け取るかということなのに、そのまま直球でオレンジの箱やら雨やら出されてもなぁと。

これはミスチルもよくやりがちなことで、昨年の日産スタジアムの"Starting Over"を演奏した際に歌詞をそのままトレースしたようなアニメーションをバックで流していて、とても不満であったことを思い出した。

……なんて思ってたら手掛けたのまさかの同じ人……ではないか!すみません。どうしても肌に合わないようです。
※個人の意見です


"JAM"の前、吉井和哉はこうも語っていた「今までの日本にいなかったバンドになりたい」。時代錯誤のようなギラギラとした衣装を身に纏い、ロックスターに憧れた男達、東京ドームを完全に自分たちの遊び場にしてしまったTHE YELLOW MONKEY。

こんな最高のバンド、後にも先にも他にいるわけがないじゃないか。


【感想】「オトトキ」 THE YELLOW MONKEYドキュメンタリー映画
【感想】THE YELLOW MONKEY「Horizon」歌詞解釈 映画「オトトキ」主題歌














このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年12月17日日曜日

新藤晴一のカフェイン11レポ 2017.12.11放送分 トマト鍋にチーズって絶対美味い






※赤字が自分の感想です


ポルノグラフィティ新藤晴一のカフェイン11レポ 2017.12.11放送分



オープニングトーク



今年もあと20日になりました。

ツアーは今週で今年の分は郡山で一旦終了。

昭仁さん😭

前回鍋が多いという話をしたが、違う鍋が続くのは良い。
今年、晴一さんの中ではトマト鍋がブームに。ポールトマトとコンソメで作り、とろけるチーズを掬ったものにかけると溶けて美味しいとのこと。

チーズは糖質がないので、糖質制限でも推奨される。
本当はリゾットが美味しいがそこまでいかないことが大切。

絶対美味いやつだ!


1曲目"Working men blues"



ワイドなレディオショー




ワイドなレディオショーの話題を1つ。

「立ち上げ、マンガ塾」

「北斗の拳」の原作の武論尊さんがマンガ塾を開講するそう。

今は写実的なマンガが多いが、昔のマンガはマンガしていたが、「北斗の拳」の登場以降、劇画調のものが増えた。

晴一さんはツアー前にペンタブを購入したそう。
それは絵を描くのが好きだったことと、ツアーの絵を描きたいと思った。書けたら買い取ってもらおうと思っていたが、なかなか思うようにいけなかった。

イラストレーターとかの人は絵の力もさることながら、絵の構成力が違う。
絵は書けても、部分部分はそれなりになっても全体として見ると微妙になってしまったとのこと。

映像的なことを作ろうとすると、とても時間が掛かる。ポルノでも映像を使うが、その人でも寝ずに作るのでギタリストが片手間にやるにはなかなか大変。

マンガ家は大変だろうと晴一さんは語る。
「山田玲司のヤングサンデー」をずっと見てる僕は「めちゃくちゃ大変だけど、めちゃくちゃ楽しい」んじゃないかと思う。

音楽とかのライターさんの腕を尊敬するけど、エロビデオの作品紹介を書く人は毎月たくさん作品が出る中で、行為は1つしかないのに、毎月毎月言葉を変えて書かなければいけない。女優は違っても、していることは1つなので、あれを手を変え品を変え、購入意欲を掻き立てるのはライターさんの技術が凄いということ。


2曲目"真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ"



もっと面白い話ないん?①




年賀状の話。
晴一さんもなるべく書いているそうです。

貰ってイヤという人はいないので、年賀状は書かないといけない。


コーナー:もっと面白い話ないん?

メール:そろそろ年末の音楽特番がたくさんありますね。番組でNEWSの手越くんがポルノのことを語っていました。カラオケで"サウダージ"を歌ったことを褒められて、歌を始めたのでポルノが原点と宣言していました。

晴一:ありがとうございます。手越くん、分かるよ。サッカーが上手い人だね。
ポルノが18年やってきて、ポルノの初期は「国民的なヒット曲」が生まれた時代だった。けれど、今はオリコン上位になっても熱心な人たちが局地的に熱くなっている時代。けれど、"アポロ"などは今よりももっと「国民的なヒット」があった時代にあったことを有り難く思う。

ポルノ辺りが最後の世代かもね。

この間スタジオでレコーディングをしていて、合間に無駄話をしていた時に、飲み屋開いてノンビリやろうかーみたいな話題をしていた。

そうしたら某大御所の人が入ってきて「君らは若いんだからもっと音楽頑張りなさい」と言って去って行った。
しかし昔の音楽が売れてた良い時代を過ごしてきたその人を見て「その人は勝ち抜けできた世代なんだ」という思いになってそうです。


3曲目"夜間飛行"









もっと面白い話ないん?②




クリスマスはどうしますか。

クリスマスは参加する人としない人に差ができるイベントになった。ひなまつり等は女の子がいなければ1人でもいいのに、クリスマスは1人でいることがあまり良くないような、本来の意味から超えてしまったものになった。


コーナー:もっと面白い話ないん?②

メール:松屋が好きなのですが、最近よく行く店の店員さんが代わり、明らかに出てくる時間が遅くなりました。素早かった店員さんのことを思い返します。

晴一:好きな店員さん。ま、領収書の宛名を覚えてくれてると常連になったなと思える。
あとはコンビニで暖かいのと冷たいのを聞かれて、一緒でいいですという。けど、肉まんと冷たいお茶とモーニングを買ったら、この3つに「袋一緒でいいです」というと、雑誌を壁にしてくれないとちょっと残念な気持ちになる。


4曲目"クリスマスのHide&Seek"


もっと面白い話ないん?




今年の仕事納めはレコーディングだそうです。

ミュージシャンは2年に1回アルバム出して、ツアー回って、夏フェス出てと楽しいと思われるけど、色々あって大変。
キャリアを積めばそうなると思っていたのに案外変わらなかった。


コーナー:もっと面白い話ないん?③

メール:この間、免許を一発でクリアし、免許証の写真もバッチリ。ドライブどこ行こうか迷ってます。晴一さんは免許の思い出はありますか

晴一:免許は昔岡山のドライビングスクールで取ったね。いくつか免許持ってるけど、落ちた事ないよ。
ドライブでの思い出は、初めてサービスエリアに行ったとき。かつては家族の一員として寄っていた場所だけど、1人でSAに寄った時に大人になったなと実感した。

昔運転は父ちゃんの車借りるしかないから、許可取らなきゃいけなくて、乗ると父ちゃんの教習が始まった。でも「お前車に一生乗りたいだろ」と言われて納得したそう。


安全第一。


5曲目"I believe"






では今週も閉店です。










このエントリーをはてなブックマークに追加