2016年12月19日月曜日

イオンモール八王子インター北がオープンしない理由【OPA(オーパ)?】



【2019年夏現在】
2019年に入り、少しずつひよどりトンネル側の道路の工事が始まった。
しかしながら、土地に関しては全く手付かずで、草が生い茂っている。

相変わらず建設の目処は立っていないようだ。



ここからは過去記事


八王子インターの近く、道の駅八王子滝山のはす向かいに広大な土地が空いている。





実はこの場所はGoogle Mapにもある通り、イオンモール八王子IC北店がオープンする予定地である。

当初は2016年3月にオープンする予定であったが、僕がタイムスリップでもしていない限り現在は2016年12月である。

【追記】
とうとう2018年8月も終わりました


現在も整地したまま建設している気配は一向にない。

なぜなのだろうか。




イオンモールの業績不振?



イオン関連の記事でこんな記事があった。




つまりモール産業自体の業績が芳しくなく、新規出店が遅れをとっているらしい。

しかし、一方ではこんなニュースも。


過去最高益の「イオンモール」 業績好調にはワケがある?

イオンモールは近年、国内モールのリニューアルを積極的に行っています。積極的なリニューアルが好調な業績を支えています。17年3~5月期だけで10モールを、新規テナントの導入や既存テナントの業態変更・移転・改修・増床などのリニューアルを行っています。リニューアルしたテナント数は652にもなります。

日本人は「新しいもの好き」です。リニューアルによりテナントを新陳代謝することで、常に新たな発見と驚きを提供することができます。テナント側としては、生き残りをかけて切磋琢磨せざるをえず、結果としてサービスレベルの向上にもつながっています。また、改修によりモール施設の老朽化の歯止めにもつながっています。

出典 : livedoor NEWS


リニューアルや地元密着の形で対策をとり、業績を盛り返したとのこと。

しかしながらリニューアルが先行して、新規出店が遅れているのは確かなようだ。

一時期モール産業が飽和しすぎて、内容にも目新しさがなくなっていることが大きいのだろう。

どこへ行っても栄えてるのはイオンモールばかりだし、中身も同じばかりで飽きられてしまう。
旅行に行って見所を訊いて「イオンモール!」と答えられたら困るだろう。

道の駅までということではないけど、ちゃんと地の特色を活かしたモールにしていけば、あわよくば観光客まで引きこめると思うんだけどな。








看板について



実は計画が頓挫していたと思われた矢先にこんな看板が出た。




しかし、イオンの広報に「公には公表していない」とあっけなく一蹴されている。


地元民として言っておきたいのは、この立地はひよどり山道路、新滝山街道、国道16号という主立った幹線道路に面している。

イオンモールのオープンで、幹線道路の渋滞も懸念があるのだ。

なのでオープンしなくてもまぁいいやということを思うところもある。

あの辺りの大動脈を詰まらせる動脈瘤と化さないためにも。

本当にオープンさせるつもりがあるならば、西東京最大級のIMAXシアターなどが欲しいものだ。



【追記】

2018年秋に八王子駅南口に「OPA(オーパ)八王子」が開店することが明らかになった。


OPA/今秋、八王子にオープン

https://www.google.co.jp/amp/s/www.ryutsuu.biz/store/k050204.html/amp


ファッション、雑貨、飲食店など40店舗が出店予定とのこと。


株式会社OPAはイオンモール株式会社の100%子会社である。

確かに南口をずっと工事していたが、これができるとは。

こちらがこれほど迅速に進んでいながら2018年夏現在、いまだ八王子北インターのイオンモール出店予定地には動きがない。

続報が待たれる。

ちなみにこちらには映画館は入らないそうだ。






【こんな記事もあります】

八王子駅北口ロータリーに大量発生の鳥の群れの正体と原因は何なのさ

中央線ミステリー 「西豊田駅早期実現を!」は実現する日がくるのか?

寝起きで聴く音楽はなぜテンポが早いのか

上手いのに心に響かない歌、下手なのに心に響く歌

【The Beatles】ホワイトアルバムのジャケットの白さの違いってなんだよ、洗剤のCMかよ

BUMP OF CHICKEN「天体観測」歌詞解釈~イマは過去になりイマに至る











このエントリーをはてなブックマークに追加
 

1 件のコメント: