2016年12月14日水曜日

【歌詞表現】桜井和寿や新藤晴一の目になって世界を見てみたいと思ってしまう






エッセイが好きである。

面白いエッセイを書く人というのは、やはり日常を見る目線が、どこか人と違うもの。それを鮮やかに切り取る。

たとえば僕がその辺散歩して記事書いても面白くないが、穂村弘さんがエッセイにしたらとても面白くなるみたいな。

難しい言葉を使わなくても、切り取り方や目線が面白いからこそ、真似のできない表現となるのだと思う。

面白い歌詞を書く人との間に呼応するものを感じて、それを書いてみようと思う。








ストレートのある歌詞、じゃない歌詞



ここ何年も歌詞の世界で言われ続けてる言葉がある。


「表現が直球すぎて、含みが全くない」


よく言えば素直で誰にでも分かりやすい歌詞ということだ。

「君がこんなに好きだから、とても会いたい」

別に西野カナではない。そういえば「会いたくて 会いたくて 震える」ってあらためて見ると凄いフレーズだ。

「落ち込まないで、ほら君は1人じゃない。同じ空を見上げよう」

以前TSUTAYAでひたすらファンキーモンキーベイビーズのベストが流れてて、ほぼ全部こんな歌だった。マジで。

というように、とてもストレート。


ではちょっと日常の風景をちょっと違った目線で作られた歌詞はどんなものがあるだろう。


冷たい骨を晒した解体途中のビルの上を舞うムクドリ
その巨体は少しずつ時に体を啄まれ ようやく眠るのか
ポルノグラフィティ/素敵すぎてしまった


ガラスの向こうには 水玉の雲が
散らかっていた あの日まで
スピッツ/楓


日常でよく見るし、言われればパッと頭に思い浮かぶような情景なのに、とても詞的な表現だと思う。


表現



ストレートとストレートじゃない例を上げてた。優越をつけたいわけじゃない。ストレートの歌詞の方がいいという人も当然いる。しかしそればかりになってしまっては、歌詞が好きな人間には悲しい。

エッセイの話に戻るけど、日常の切り取り方で、表現は無限にある。


世界は誰にでも門を開いて待っている
平等の名の元に請求書と一緒に

Mr.Children/もっと


ひとつも難しい言葉を使ってない、けどこの表現は素晴らしいなと思う。前半と後半との落差がちょっと短歌的だなとも思ったりした。

こういうちょっとした視点の変化で表現は生まれると思う。
晴一さんとかミスチルの桜井さんなんか詞的表現なんかが、自分はとても好み。

草野マサムネは目線とかそういう次元でもなく凄すぎる。

表現とは、辞書で見てみよう


表現
[名]心理的、感情的、精神的などの内面的なものを、外面的、感性的形象として客観化すること。また、その客観的形象としての、表情・身振り・言語・記号・造形物など。「情感を表現する」「全身で表現する」


あるコラムで心に残っていることがある。どのサイトか失念してしまって引用元が思い出せないのが恐縮だが、少し引用すると「歌詞表現とはその人らしさを表に出すものだ。だから見た時にその人と分かるような歌詞は素晴らしい」というような内容であった。

ストレートな歌詞はいきすぎると、個性も何もないものになってしまう。
そんな中で同じ「好き」という表現を自分なりに表すために、アーティストたちは様々な言葉を出そうと日夜頭を捻らせている。

僕はやっぱりそういう歌詞が好きだったし、そういう歌詞がどんどん増えるといいなと願う。

でも疲れるとストレートな歌詞聴きたくなるよね。








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿