2016年5月15日日曜日

ジョン・メイヤー使用機材~Two Rockアンプ編





ギタリストの使用機材勉強コーナー。

今回はジョン・メイヤーが使用しているアンプを調べてみよう。

こちらである。


Two Rock



Two Rockの特徴としては


  • 倍音豊かで美しいクリーントーン
  • 反応がとても早い
  • ジョン・メイヤー使用で一躍人気アンプに
  • かなり高額


という辺りでしょうか。ジョン・メイヤーは金有り余ってるからいいよな。むしろ広告料貰ってるかもしれねぇ。

K&M Analog Designs社で制作されているアンプです。Two Rockの名前が1人歩きしてるので、社名知らない人多いんじゃないでしょうか。僕は今知りました。


99年設立のそこまで歴史は古くない会社みたいです。ポルノと同い年だ。


設立などの経緯は公式サイトで詳しく紹介されています。


長いのでこの駄文を最後まで読むような暇な方は是非どうぞ。嘘です。読んでくれてありがとうございます。

ジョン・メイヤーの人気に相まって有名メーカーになりました。
適当にTシャツかなんか作ってジョン・メイヤーに着せたら売れそうだな。ビジネスチャンス。








音については実際に音出してる動画が一番よいかと。


有名動画ですが、この動画を見ていただくのが一番良いかと思います。





この一分にも満たない試奏動画で117万回再生。泣くなユーチューバー。


“Slow Dansing in the Burning Room”を演奏してますが、それにしても、なんて美しいトーン。こんな弾かれたら女子みんな落ちるわ。

シングルコイルのピックアップと相性良さそうですね。ハムバッカーとの相性も知りたい。動画ですが、探すか。 あった。






Two Rockのジョン・メイヤーシグネチャーモデルも「世界」25台限定で発売されたようです。色々な意味で買えないな。


ちなみにこんな比較動画があるみたい。





ジョン・メイヤーの使用機材、今度はさらに上を行くダンブルアンプを調べようかと思ってます。








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿