2016年7月17日日曜日

ガールズバンド印象派が売れる時代、その日がきてもおかしくない







正直、今の音楽業界の動向がよく分からない。

もちろん事務所がそれなりにプッシュし出して、テレビに露出してって段階を踏んで世間に知られていくようになる構造は変わらない。

しかし流行る、いや流行らせようとしてる音楽のジャンルがバラバラである。


しかも、ひと昔前なら色物でしか扱われなかったようなバンドやアーティストが推し出され売れてきてる。









何が売れんのか分からない、マジで




たとえば、ゲスの極み乙女。

今年例に出すのもなかなかあれだけど、音楽性でいうとかなりトリッキーなことしてる。川谷絵音でいえば、本業であるindigo la Endのがどちらかというと正統派な音楽性だ。それがゲスの極み乙女。のが華々しく売れてしまった。

もちろんかなりキャッチーな曲だからというのもあるけど、それがこのご時世に世間に浸透するレベルになるというのは、あらためて考えると凄いと思う。


そこくらいまでなら、まぁ分かる。

けど、まさか水曜日のカンパネラが売れると思わなかった。ライヴで鹿解体する人間たちが売れるかよ。

評価的にはかなり突飛なことやってるので、イロモノとして嫌いという意見が出るのも分からなくはない。
僕は深夜に酒飲みながらYouTubeダラダラ見るのにピッタリなので、たまに聴いてますが。



印象派が売れてもおかしくない時代




ということで、本題。

僕がここ半年くらいかなり入れ込んで聴いている、印象派が売れてもおかしくない。印象派という大阪出身のOL2人組ユニットです。

現在ミニアルバムを3枚リリースしている。他にもシングルだったり、会場限定の新作が出たりしたが。
知名度的なものではまだまだである。

音楽性でいうと、、、なんだ?

ロックもあればポップでもあり、プログレ紛いの展開の曲があったり、ゆるふわラップがあったり。
かなり変幻自在に、自由にその姿を変えてる。







掴みどころのないような2人。予備知識なくアルバム聴いてると次の展開が1つも予想つかない。アルバムの構成としても、1つの曲の中でもプログレかよいうくらいめまぐるしく展開を持たせたりしている。

サビがやたらキャッチーなのはK-POPを参考にしたとか。跡形もねー。


そんな一歩間違えたら空中分解してしまいそうな音楽性を、これしかないというくらい絶妙なバランス感覚で保って印象派というものを成り立たせている。しかもOLやりながら。
綱渡りを空中浮遊で渡っていくようなこの感性。


3枚のミニアルバムは、どれも個性的で全部素晴らしい。たぶん一度ハマり込んだら抜け出せなくなるほど中毒性がある。
僕は今年1回ライヴ見たんですが、ライヴもかなり面白いです。miuさんES-335弾きます。


女性ミュージシャンでES-335使う人って他にあまり思い浮かばない。






普通であればなかなかメジャーでガンガンやってくタイプではないけど、今の音楽情勢を思えば、売れてもおかしくないよ。というか売れて欲しい。まだYouTubeで外国人のコメントのが多いもんな。


あと個人的にコーラスの入れ方がどれも絶妙に上手いと思う。
↓の"SWAP"のサビで入る「SWAP SWAP」のとことかもはや中毒になる。





ファッションと同じで「これが流行ります」と言われれば、はいそれと従う人も多い。今年の流行色とか気にする人ね。


そういう流行り方だとなかなか長続きしないことも難点ではある。
そこで残り続けていった者たちこそが本物となる。


でも印象派が日本を席巻していく姿、僕は見てみたい。



【関連記事】
ヘンテコ・ガールズユニット特集(ハルカトミユキ・印象派・FINLANDS・惑星アブノーマル)













このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿