2017年5月10日水曜日

サカナクション10周年記念ライヴ生中継を観て泣いた日






サカナクション10周年記念ライヴ生中継を見た。


見たが、仕事帰りだったため家に着いた段階でもう20時半であった。


慌ててiPadを立ち上げたが、もう4位の発表である。
遅すぎた。


と思ったが、ここからでも十二分に堪能できたし、何よりラストにはあまりにも胸を打たれた。

その記憶をそこに記すことにする。



40位〜5位



慌ててTwitterを見る。

なるほど、ランキングはこんな感じで進んでいたのか。


まとめも兼ねて5位までの順位を貼っておこう。


40位 僕と花
39位 多分、風。
38位 アイデンティティ
37位 黄色い車
36位 蓮の花
35位 GO TO THE FUTURE
34位 夜の踊り子
33位 Ame(B)
32位 mellow
31位 雨は気まぐれ
30位 涙ディライト
29位 Aoi
28位 アドベンチャー
27位 ルーキー
26位 years
25位 アムスフィッシュ
24位 「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」
23位 新宝島
22位 ネプトゥーヌス
21位 ドキュメント
20位 「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
19位 セントレイ
18位 ホーリーダンス
17位 アルクアラウンド
16位 Ame(A)
15位 フクロウ
14位 表参道26時
13位 グッドバイ
12位 さよならはエモーション
11位 スローモーション
10位 ネイティブダンサー
9位 シーラカンスと僕
8位 ミュージック
7位 夜の東側
6位 ユリイカ
5位 エンドレス




思わず笑ってしまった。

なにかというと、ライヴで定番になっているアイデンティティ"、"ルーキー"、"僕と花"のようなシングル曲たちが前半でほとんど出尽くしてしまっているのだ。


"アルクアラウンド"ですら17位である。
さすかコアなファンたちだなと。


30位の"涙ディライト"は個人的にも大好きな曲である。



4位〜2位



4位"三日月サンセット"







デビュー曲だが、やはり名曲。

心地いいサウンド。



3位"ナイトフィッシングイズグッド"







僕の中でサカナクションの曲で1番好きな曲だ。

ちょっと久しぶりに聴いたのだが、歌い出しを聴いた瞬間に込み上げてくるものがあった。

中盤からの目まぐるしい展開を経て、またふっと落ちて頭のフレーズに戻る、あのアレンジが何度聴いても素晴らしい。

その後の「本当は"ニャンコフェスタイズグッド"だった」ってエピソードめちゃくちゃ面白い。
「ニャニャニャ ニャンコ達が踊りくれる~」なんて可愛い。

音源化希望。



2位"白波トップウォーター"





こんなに人気なんだ!と驚いた。

いや、好きだけど。
僕は1位のあの曲と"ナイトフィッシングイズグッド"がツートップだと予想してたので。

実はライヴで聴いたことがまだない。










1位 目が明く藍色



"アルクアラウンド"のヒットにより注目されたが、その方向性で進めることへの抵抗と、その先でやりたかった音楽。そこでスタッフから「やりたい音楽をやればいい」と言われる。


当時を振り返りながら"目が明く藍色"のことを涙ながらに語る山口一郎。
1位は"目が明く藍色"と分かってしまい、段取りも無茶苦茶であるが、僕は泣いていた。


サカナクション、山口一郎の音楽生活は売れたいという気持ちとの葛藤であった。
1st、2ndアルバム共に1,800枚の売上、それでも飽くなき音楽へのこだわりを持ってリリースを続け、ヒット曲やタイアップなどもあり、一躍日本の音楽界を登り詰めていった。

より多くの人へ届けるため、楽曲をより良くするため、それを意識するあまり、時にはリリースを遅らせることも多々であった。


ライヴについてはかつて僕はセットリストのマンネリ化に苦言を呈したが、昨日の配信を見て、やはりサカナクションは大好きなアーティストなんだと思ってしまうんだよなぁ。


「kikUUiki」はサカナクションにとって大きなターニングポイントとなった。 そしてそのリード曲であり、アルバムを代表するナンバーがこの曲である。







そして、一郎さんも言っていたが、この"目が明く藍色"にはサカナクションの魅力全てが詰まっている。


「kikUUiki」は「汽空域」から来ている。
この言葉は淡水と海水が交わる場所「汽水域」を文字っており、ロックとクラブミュージックの交わるものという意味が込められている。


それこそがサカナクションが鳴らし続けてきた音楽だ。

都合により幕張メッセ公演は断念したけど、今年いよいよリリースされるというニューアルバムを楽しみに僕はサカナクションのこれからに期待しよう。



ウーパールーパー



余談


観ながらうちで飼ってるウーパールーパーを構っていただんけど、興味本位で画面を見せたら画面を見始めた。

Twitterにも書いたが、最後に証拠を貼ろう。





完全に画面を追っている。

※たぶんなんかチカチカしてる!って観てる



【関連記事】
サカナクションが好きだからこそ最近のセットリストについて言わせて欲しい
音楽フェスで盛り上がるばかりの曲は、10年後の僕らに何を残すだろう












このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿