2016年6月22日水曜日

ギターのピックアップの違いはなに?part.1 シングルコイルとハムバッカー






ギターにはピックアップと呼ばれるパーツがある。


いくらボディが何の材だとか、塗装が何だと言っても、サウンドを左右するのは間違いなくピックアップである。

主要なピックアップでもいくつか種類があるので、今回はそれぞれの特徴を見てみよう。
書いてたら長くなってきたので記事2つにセパレートします。
ちなみにメーカーごとの音質の違いではないのであしからず。







・シングルコイル







主にフェンダー系のギターに搭載されている。

シングルコイルは歯切れが良くトーンが明るいのが特徴。
特に、(巧い人の)クリーントーン~クランチのカッティングは気持ちいい。切れ味の良い包丁でサクサク切れてくみたいなもんだ。

フロントにしたときのウォームなトーンも気持ちよくて、良い真空管のアンプに繋ぐだけで幸せな音が出るよ。
ダンブルとか言うんじゃねぇ。

シングルコイルは音が細いというイメージがあるけど、しっかりEQをいじったりしてあげると(ベースとミドル上げたり、トレブル下げたり)結構音が太くなる。

シングルコイルの弱点はノイズが乗りやすいこと。電波ちゃんみたいなボーカルのバンドの音がうるさいのはこれが原因である。
その対策としてノイズが抑えられるタイプなども出ている。

主要なシングルコイル搭載のギター
  • フェンダー ストラトキャスター
  • フェンダー テレキャスター
  • フェンダー ジャズマスター
※ジャズマスターのシングルコイルは若干毛色が違います

・ハムバッカー





シングルコイルの出力が弱い、パワーが足りないというワガママに応え造られたピックアップ。ハンバッカー、ハンバッキングともいう。バックパッカーは違う。

出力弱いなら2個並べれば良くね?というノリだったかは分からないが、ともかくシングルコイルを2つ並べるだけという生活の知恵みたいな方法で開発された。

なぜ2つ並べるとノイズが抑えられるのかはWikipediaに書いてあったから見てください。
僕は難しい漢字がたくさん書いてあったので諦めた。

ともかく、そうすることでノイズが減りパワーも上がったということで、ロックは音がデカくなるほど正義というロッカーにウケて今ではシングルコイルとの二大巨塔に。

シングルコイルと対照的に低音の成分が強く、音が太く力強い音が特徴である。
とりあえずロックやりたければ、ハムバッカーのギターをマーシャルアンプに繋いでボリュームにマックスにすると、おめでとう君もロッカーの仲間入りだ。

ノイズに強いということはその分ボリュームを上げたり、歪みを強くしてもノイズがそこまで出ないという強みがある。

ちなみにハムバッカーといえばギブソンのイメージだが、フェンダーでも取り扱っている。ストラトでリアがハムバッカーだったり、フロントだけハムバッカーのテレキャスターカスタムがあったり組み合わせで色々な種類がある。
フェンダー製のはギブソンのともまた違った味わいのトーンみたいだね。PRSは?とか言うな終わらなくなる。

主要なハムバッカー搭載のギター
  • ギブソン レスポールスタンダード
  • ギブソン ES-335
  • フェンダー テレキャスターカスタム

ということで主要な2タイプのピックアップでした。次回は若干マニアックなP-90とミニハムバッカーを取り上げるよ。お楽しみに、しなくていいや。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 








0 件のコメント:

コメントを投稿