2016年7月28日木曜日

【バンド】練習スタジオあるある15選






バンドを組んでいるいないに関わらず、音楽の練習スタジオを利用したことある人も多いと思います。

大きな音量で鳴らせるのは楽器を持ってる人間、とりわけギタリストという輩にはたまらないこと。

そこで練習スタジオあるあるを考えてみた。








1. メンバーが遅刻


必ず遅刻するメンバーいる。
ある意味、毎回正確無比な遅刻時間で来るともはやそれが正解に思えてしまう。


2. 前とアンプが違って戸惑う


JCM900に合わせてセッティングしたし、スイッチャーも持ってきたのに、取れたスタジオがJCM2000しかない。スイッチャー対応してない。詰んだ。

演奏しながらアンプのチャンネル変えたいことが多々あるので、何気に困る。


3. シールド忘れる


よくやります。
二回買いました。


4. 事前の打ち合わせ不足でグダグダ


何を重点的にやるか打ち合わせしておかないでスタジオに入り、時間配分がめちゃくちゃに。
全員社会人なのに。


5. 始まらない


各楽器が好き勝手音だしを始め、いつまで経っても始まらない。
ドスドス、ピロピロ、ボコボコ、ピロロン、アーアー。動物園である。


6. ヴォーカルとキーボードが聞こえない


ドラム、ギターが音を上げすぎて、スピーカーから出てるはずのヴォーカルとキーボードが聞こえない。


7. 心の中ではジョン・メイヤーになってる


おっかしーなー。

録音した演奏聞き返すとゴミくずみたいな気持ちになります。


8. 隣のスタジオで終えたバンドマンに帰り際に覗かれる


あれ何なんでしょうね。自分も見ちゃうけど。



9. ピックが落ちてる


オフスプのロゴ入りピックが落ちてたことが2回ある。


10. 冷房の設定温度が16℃になってる


しかも一番暑いドラムに風が当たらず、そんなに暑がりじゃない俺に直撃する。



11. 演奏の録音を聞き返して無言になる


………



12. あと15分で慌てる


カラオケと同じで3時間余裕とか言ってると、気づいたらあと15分で時間を喪失した気持ちになる。


13. 毎回練習スタジオでの感覚を取り戻す→馴れてきた→終了→次回→リセットされてる


月1くらいだと、感覚戻したとこで終わってしまう。しかも、次回それすら忘れる。


14. スタジオにカポを忘れてスタジオの人に注意される


僕です。

本当にごめんなさい。
しかも使わないのに持ってって忘れた。


15. なんだかんだ楽しい


やっぱり皆で合わせたり、大きな音で演奏すると気持ちいいですよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 



0 件のコメント:

コメントを投稿