2016年8月4日木曜日

アーティストはなぜフリーライブをするのか、収益性と採算性について





先日、水曜日のカンパネラがフリーライヴを開催するというニュースがありました。


水曜日のカンパネラ、夏の締めくくりにお台場でフリーライブ

ここ数年、朝の情報番組のエンタメコーナーでも「○○がフリーライヴを行った」というニュースをよく見かけないでしょうか。

ハルカトミユキも去年日比谷野音にてフリーライヴを行い、参加した僕としては忘れられない体験となりました。

ファンにとっては無料のライヴはありがたいもの。

ところで、何故アーティストはお金にならないフリーライヴを行うのでしょうか?
しかも、このライヴで稼がなければやっていけない時代に。

採算について自分なりに思うことをまとめてみたいと思います。








・プロモーション


一番強い要素がプロモーションでしょう。
音楽を売り出す時のプロモーション費用はバカになりません。

たとえば音楽系の雑誌やサイトでインタビュー記事を載せるだけでも数十万掛かるみたいです。

そのプロモーション費用をフリーライヴに回しているケースも多いでしょう。フリーライヴで人を集め、結果CDが売れればというところですね。

無料ライヴということで、気になってるけど、チケット代払うまでもないという層も引き入れられるかもしれない。
たまたま予定が合えば見てみようかなという気持ちも起きるかもしれないしね。でもそんな層をファンという泥沼まで引きずり込むにはそのライヴで強烈なインパクトを残す必要がある。若手にとってはここでアーティストとしての真価が問われることになる。


・放送権料



また、フリーライヴの模様を収録し、放送権をテレビに売ることで収益を確保する場合もあるかと思います。
もしくはその内容をパッケージ化して発売するケースもあります。

テレビ側も製作費かなり抑えられるのもあるかもしれないです。
ライヴ収録して流すだけというのは制作も楽だろうし。

…楽しすぎじゃね?


・スポンサー


NHKを除いてテレビが無料で見れているのはスポンサーが広告費をテレビ局に支払っているというのは言うまでもなくないかと思いますが、同じことが音楽でもあるかと思います。

たとえば、ポルノもc1000タケダとポカリスエットで招待制のフリーライヴを行ったのはこれに当てはまるかな。

あの夏、ポルノファンの血液がポカリになるくらい売れたとなるとスポンサーの大塚製薬は大きな宣伝効果があったことでしょう。

たとえ「もう一生分ポカリ飲んだ」という人間が量産されたとしても。


【関連記事】

【レポ】POCARI SWEAT LIVE ”;RE・BODY”レポ(再掲)


・グッズ


また、チケット以外の面でグッズを会場で売る場合もあるでしょう。
採算取れるほど売るというのはちょっと厳しいですが、上の要素を掛け合わせれば、バカにならない金額になりそうです。

ざっと思いつくのはこんなところでしょうか。

フリーライヴといっても、タワレコのインストアから始まり、LUNA SEAのように東京ドームでやってのけるケースもあります。

上のことを考慮すると、実は結構「大人の事情」の臭いもするね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 



0 件のコメント:

コメントを投稿