2016年8月30日火曜日

初めてのギターはどのくらいの値段のものを買えばいいか







はじめてのギターはいくらのものを買えばいいのか。


よく議論の的となるということで、いつまでもギター初心者レベルの僕も参戦してみよう。








・年齢と収入


まず最初に大切なのは、年齢。
要は自分で稼いでるかどうかだ。

まず学生でバイトをしていなくて、親のお小遣いで買うなら選り好みはするな。その欲しいギターのために、親がどれだけの苦労をするのか、考えてからだ。

学生でバイトをしているなら、なるべく貯金して5~10万円くらいのギターを買った方が良いと思う。

社会人未婚→好きなもの買え。
社会人既婚→婚約の時以上に嫁を口説け。
40代以上→カスタムショップ製(最低でも)
60代以上→50万円以下は買うな。社会に金を回せ。





・本気度



よく言われるけど、自分はどれだけギターに対して熱意を持つかはあんまり重要性じゃないと思う。

それたけのギターを買って弾かなかったのならそれまでのことだったのだ。
あと、そこそこ良いギター買ってモチベーション下がることはないけど、安いギターを買ったことでモチベーションが上がらないという可能性はある。

どうせ安ギターだしなと割り切ってしまうしね。



・やりたい音楽




とにかく1人誰に憧れたのかを思い浮かべる。そして、そのギタリストは何のギターを使っていたのか。
それだけでいいと思う。

ギターを始めたことで価値観が変わるので、その時はその時に考えればいい。

ようこそ、終わりなきローン地獄へ。

ちなみにですけど、僕はギターに手を出してからブルースの良さをより深く理解した。そしてストラトをめちゃくちゃ欲するようになった。ジョン・メイヤーの野郎。

 




・結局、どんなギターを買えばいいか


予算は稼いでる人であれば自分の買える範囲のちょっと上くらいがいいと思う。2~3万かなぁという人は5万、5万くらいかなぁという人は7~8万とか。

少し背伸びして奮発した方がモチベーションになりやすい。
安ギターにも当たりはあるみたいな意見は置いといて、5万円以上のものにはした方が良いと思う。


何より重視するのはルックス。


選ぶ基準のバロメーターの9割を見た目に振っていい。

世の中なんだかんだ言っても見た目でイケメンと美人が勝つようにできてんだよ。けっ。

そこそこの値段でも自分が一番好きなルックスのギターを選べばかなりやる気に繋がる。
材質とか細かな仕様なんて、初めに気にしても仕方ない。

あとは部屋のインテリアにならぬように、可能な限り触っていることである。








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿