2016年8月9日火曜日

ポルノグラフィティのライヴの魅力とは何か みんな行こうね






かれこれ13年ほどポルノグラフィティのライヴに通っている。


もちろん日程やチケットの都合等で行けてないツアーもあるが。ポルきたとかポルきたとか、ポルきたとか。


通算するとどれくらいの回数見ているんだろうか。もはや数え切れない。

それでも毎回ライヴが待ち遠しい。ライヴが終われば寂しいのだ。遠距離恋愛か。


その体験の中でこれぞポルノグラフィティのライヴの魅力である!というもの考えてみようと思う。









ライヴ力




まずアーティストにとってライヴが上手いとか面白いというのは大いなる魅力である。

僕はThe Flaming Lipsというアメリカのバンドをとても愛しているが、ライヴのヴォーカルなんていつもヘロヘロの声である。だけど、それをもって有り余るほどのロマンスが、いや言葉を変えておこう、魅力が彼らの変態見世物小屋のようなライヴには溢れている。

ではポルノグラフィティにとってはどうか。


なんせ喉からCD音源の異名を持つ岡野昭仁だ、やはり素晴らしい。晴一さんの演奏も年々安定感が増しているし、多彩な曲のギターの弾き分けや表現も優れてる。ギターだけでいうとビタスイの頃とダイキャスを見比べればいかに研ぎ澄まされてきているかが分かるかと思う。


それに安定感バツグンのサポート陣との連携もバツグンだしね。とりわけ近年では主要なサポートメンバーがほぼ固定になりライヴの度に結束も強まってるのだろう。


ダイキャスツアーでは今まではあらかじめガッチリと固められてた演出をアドリブを増やすことで、予定調和だけでない一面も見れて嬉しかったんだよね。
かなり演出が細かく仕切られているライヴって印象が強めだったから。歌詞間違い以外。




楽曲の多彩さ





これだけの長い活動をしてるだけあって、ポルノはかなりの曲数を世に出している。
なのでひとつのライヴでかなり広い選択肢でセットリストを組めることになる。


もちろん最新アルバムを引っさげたツアーではそのアルバム曲や、アニバーサリー的なライヴではシングル中心になるなどはあるけど、単発のロマンスポルノシリーズは本当にどんな曲やるか分からない。


なので今年開催される横浜ロマンスポルノ'16~THE WAY~も何が起こるのか検討もつかない。

以前からロマンスポルノの度に友人とセットリスト予想をしているけど、定番曲以外ろくに当たった試しがない。
それくらい意表を突かれるセットリストばかりなのだ。


さらにポルノは本当に多彩なジャンルの曲を網羅しているので、



アレンジ





ライヴ定番曲のアレンジもある。そのアレンジがまたどれも素晴らしいのだ。


特にその傾向が強かった幕張ロマンスポルノではライヴの鉄板曲"ハネウマライダー"をヴォサノヴァアレンジにしてしまうなどがあった。まぁ初めての人にはどうなんだろうかというところはあるが。


もうひとつ、最近のライヴではほとんど必ず中盤でギターを主体にした長尺のアレンジが挟まれる。
ギター好きには毎回たまらないポイントだ。友人と「俺のターン」と勝手に呼んでいる。


大抵10分を越えるアレンジなのに、演出も相まって全く飽きることがない。俺がギター馬鹿だからかもしれないが。


このように毎回必ず何かしらの“wonder”があるのも魅力のひとつだ。



一体感




ライヴを後ろから見てると恐ろしくなる。それくらい客の動きが合ってる。
もはや統率された軍隊くらいの一体感がある。


なんで初聴きの曲で動きが揃うんだ。


教育と調教が行き届いているファンほど、初めて音源を聴いたときにはライヴでどう盛り上がるのか想像しているのだ。それがみんな同じ考えに至っているのだ。


もちろんライヴでこういう一体感みたいなのは嫌だみたいな人もいるだろうけどね。




人柄




演奏は本当に格好いい。


特に普段はどれだけオーラがなくとも昭仁さんは歌っている時に放つ天性のフロントマンとしての気質は凄いものがある。


テレビだとあんまり人柄までは分からないと思うが、ライヴだとそれが嫌でもにじみ出てる。メンバーだけじゃなくて、サポートメンバーもスタッフも。


MCはだいたい緩い。というかグダグダになる。大抵は昭仁さんが話しながらぐちゃぐちゃになり、晴一さんがツッコミを入れることとなる。そして岡野さんは毎回MCで噛む。


一本ライヴを最初から最後まで見てれば人柄の良さが伝わるのではないだろうか。


そして何より、演奏する側の意気込みが これ なのだ。
行けなかったライヴは毎回悔しい思いをしてる。









このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿