2016年9月25日日曜日

スーサイド・スクワッド公開記念!ジャレッド・レトという愛すべきバカ


※この記事は昔の記事を転載しています



ジャレッド・レト」という人をご存知でしょうか?


この人はハリウッド俳優であり、30 Secends to Marsというバンドのボーカルをしているミュージシャンでもあります。


日本ではまだまだの知名度ですが、覚えて帰って損はないですよ。


彼は日本で9月公開の映画「スーサイド・スクワッド」にジョーカー役として出演しているのです。ジョーカー役といえば、ジャック・ニコルソン、ヒース・レジャーと、今でも語り継がれるような印象的な役柄。






そんなジョーカー役に我らがジャレッド・レトが挑戦するのです!我らが、といいたいくらい好きなんです。

ということで、プロフィールから俳優、音楽的活動を紹介しましょう。









プロフィール




1971年12月26日生まれアメリカのルイジアナ州出身です。

ミュージシャン志望だったんですが、俳優業の道を歩み始めます。
着実にキャリアを進めていき、音楽活動も平行してスタートさせ2002年に30 Seconds to Marsとしてデビューします。しかし1stアルバムは本人たちの中ではなかったことになってます。

俳優業については下にあらためてまとめるのでこちらでは割愛。

また、私生活ではキャメロン・ディアスやスカーレット・ヨハンソンと交際していた過去も。ちなみにキャメロン・ディアスは元婚約者。

この人、小綺麗にしてれば本当にイケメンだと思うんですが、髪型がコロコロ変わります。特に近年は長髪(もしくはオールバック)と髭で、イエス・キリストみたいになってました







俳優活動





フィルムグラフィはなかなかのものです「ファイト・クラブ」「アレキサンダー」などに出演したり、ジョン・レノンを殺害した犯人に焦点を当てた映画「チャプター27」では主人公マーク・チョップマンを演じています。

とにかく役作りに熱心で「チャプター27」ではかなり体重を増やしてマーク・チョップマンに扮しています。普通にしているとかなりのイケメン野郎なのですが、この役は良い意味で見る影もないほど別人のようです。






そんなジャレッドがジョーカー役に挑むとあり、「スーサイド・スクワッド」撮影中はかなり役に入り込んでしまうようです。
パパラッチに暴行して警察に事情聴取されるという事件も起こしてます。





それほどの役作りの果てに映画館に現れるジョーカー。

新たな悪役の誕生に期待するしかないでしょう。



ミュージシャン






そして、彼のもう1つの顔。
30 Secends to Marsのボーカルとして活動しています。

因みにメンバーの中でドラムのシャノン・レト(写真右)はジャレッドの実のお兄ちゃんです。

オルタナティブな音楽性ですが、アルバムを重ねるごとに、スケールは増すばかりです。
ドキュメンタリー作品もありますが、音楽に関しても妥協を許さぬ姿勢です。

多少契約不履行で事務所と揉めましたが。

そしてこのバンドの注目点はもう1つあり、ミュージックビデオをジャレッドが監督しています。しかもどれも凄まじいコダワリで、さながら短編映画と呼べるほど。









↑"From Yesterday"はたぶん「進撃の巨人」ぼ実写より金使ってる。


また、どういうコネクションかもはや分かりませんが3rdアルバムの先行シングルをNASAと組んで宇宙ステーションから同時配信ということまでやってのけています。


スケールデカすぎて意味が分からん


音楽的にも十分にカッコイイロックなのですが、何故日本で売れないかなぁ。


そんなジャレッド・レト、きっと話題になることでしょう、なってくれ。

覚えて帰ってみてください。


【関連記事】

スーサイド・スクワッド感想(ネタバレ無し+ネタバレ有)


このエントリーをはてなブックマークに追加
 




0 件のコメント:

コメントを投稿