2016年7月13日水曜日

【夏到来】バンドTシャツはダサければダサいほど信念が強いという話







夏になり、薄着の季節である。

街中ではTシャツ姿で出歩く人々をたくさん見かけるようになった。
とりわけ新宿や渋谷の駅を歩けば結構な数の人がバンドTシャツを着ているのを見かける。

音楽好きとしてはちょっと気になって見てしまうもの。

その中にはただファッション的に着てるだけで、そのバンドを知らない、聴いたこともないって人もいる。特にストーンズ、ニルヴァーナ、KISSなんて、もはやファンよりも聴いたことないけど着てるという人のが多いかもしれない。

ということで今回はバンドTについて書いてみよう。










バンドTはダサいもの




突然ですが、なぜメタルバンドのTシャツがダサいかご存知だろうか。

それは、誰がどう見てもダサいけどそれを着ちゃうくらいそのバンドが好きなんだぜというアピールの為である。

その踏み絵を踏めない人間はメタルバンドのTシャツを着てはいけないのだ。


とりあえずドクロとチェーン書いておけばいいんだろ?生地感?細けぇことは気にすんな。気にするな、気になるから!ということだ。たぶん。

街中でメタルバンドのTシャツを着て街を歩いてる人はその信念を持っているのです。


お父さん!メガデスのTシャツ着て出歩くのはやめて!







とかきっと言われてるんです。

なので、


そっと生暖かい目で見てあげてください。


僕は着たくありません。





最近のバンドTシャツがオシャレ




ところが、最近。

特に日本の若手バンドは、とにかくTシャツがオシャレだったり、可愛いものが多い。

どうした、そんなでいいのか。

ファッション感覚でバンドTシャツ選ぶようなやつは、メタルTシャツ着るような信者にはならないぞ。

しかも無駄に生地感も良いじゃないか。まったく、これじゃ情緒ってもんが…








こういうのが欲しかった!!!


ちなみにPredawnのグッズTシャツなのだが、めっちゃ気に入ってしょっちゅう着てます。


これ5枚くらい買えば良かった。


最近は昔のようにすぐに毛玉付いたり、首が絞まるんじゃないかってくらい襟元の余裕がないTシャツじゃないもんね。



グッズは重要な資金源




なかなかCDが売れない時代なので、今はライヴやフェスが中心となっている。

そうなった今グッズは、大切なバンドの資金源である。

僕も好きなアーティストはなるべくグッズ買って貢献しようと思ってるし、カラオケで曲があれば歌えもしないのに曲を入れて印税に寄与している。

これだけ飽和した業界の中ではダサいTシャツでは売上に繋がらないのかもしれない。

しかし、本当に大切なファンはどんなにダサいTシャツでも買って着てくれるようなファンじゃないだろうか。



なので、好きなら堂々と着よう







でもだ。



原宿で「Porno Graffitti」って書いたTシャツを着るんじゃない。後ろ歩いてた外国人が「oh」って指差してたぞ。



だって、ニューヨーク行ってブロンド姉ちゃんが「エロ本」って日本語で書いてあるTシャツ着てたら嫌でs




……

………


まぁそれはそれでいいけどさ。



以上、バンドTシャツについてでした。


【こんな記事もあります】
The Beatles】ホワイトアルバムのジャケットの白さの違いってなんだよ、洗剤のCMかよ
【疑問昔話】浦島太郎の教訓は、ロミオとジュリエットを超えたラブストーリー














このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿