2016年8月20日土曜日

【ショートストーリー】株式会社ポルノグラフィティ新入社員の岡野くん






僕は常々「天気職人」を主題にしたオムニバスドラマを作って欲しいと昔から思ってる。


それぞれ毎回ポルノの曲にちなんだ主人公が登場して、ストーリーを作る。それでストーリーには毎回天気職人が少し絡んで手助け、もしくはいじわるをする。
ていう妄想。


大きな舞台としては会社編と学校編がある。

ちょっとそんなで、たとえばポルノグラフィティの曲のキャラクターたちで会社を作るとどうなるだろう。適当に考えてみた。

まずは新入社員のこの人。名前はこれですが、もちろん仮名です。他意は全くありません。









新入社員の岡野くん



新入社員の岡野くんは、目まぐるしい毎日に追われている。


外は寒い冬であるが、彼の脳内には白い砂、焼けつく日差しが降り注ぐ南の島が思い浮かぶ。
もはや想像だけで日焼けしてしまいそうだ。

しかし、仕事は全くといっていいほど終わらない。彼は全てを放り出してしまいたくなる気持ちを抑えて目の前の仕事にため息をつきながら向き合った。



年末だというのに、仕事は増えていくばかりである。
同棲している彼女とも最近はすれ違う日々ばかりだ。

「イブはもちろん大丈夫だよね?」と言われ、とっさに「もちろん」と答えてしまった。
しかし、虚しくも仕事は全く終わらず、聞こえないはずの終電のベルが頭に鳴り響いたのだった。

なんとか彼女を慰めるために彼はある計画を組んでいた。クリスマスイブの埋め合わせにと彼はサプライズでスキー旅行の予定を彼女に内緒で組んでいたのだ。



当日の朝、寝起きの彼女も久しぶりのデートに意気込んでメイクに勤しんでいる。湯気の立つ温かいスープを飲みながら待ってる岡野くんは、彼女の口紅を塗る真似をこっそりしたが、バレて怒られた。

彼は映画に行くと言って車に乗り込んだ。だが、実はスキー場へ向かうのだ。しかし、そう告げると彼女はまた「それならそうと言ってよ。女は色々準備が必要なの!」とすねてしまった。しかし顔はどこか嬉しそうだ。

白銀の世界。この色をただの白で片付けてしまうのは勿体ない。冷たい白じゃなくて、どこか暖かみのある色である、そんな気がした。



空は見事なくらい晴れている。きっとどんな絵描きでもこの青は表せられないほどの色だ。
君と見たこの景色はまだ漠然としていたシアノタイプ(青写真)に強い意味を持たせてくれた。


そういえば、まだやっと手を繋ぐくらいの曖昧な関係の時に背中を押してくれたのは今日みたいな青空だった。
そう、あの時君には毎日親密な日々をって思ったんだっけ。



月日は流れまたいつもの日常を繰り返していた。

相変わらず忙しい毎日だが。僕には守るべきものができた。

たとえ雷が鳴り響いても、狼の群れが現れても、君を守っていきたい。
それが口先だけの「守るべきもの」だったとしても。



さて、ここでクエスチョン



ということで読んでいただいた岡野くんのケース。

ポルノファンの人なら読んだ分かると思いますが、色々な曲の歌詞から引用して再構築してます。
おかげで人称がめちゃくちゃになりましたが。

使われてる曲を探して曲名を当ててみましょう。

答えはいずれ作る予定の「日夜不倫に勤しむ課長の新藤さん(仮名)編」で。



【関連記事】
【ショートストーリー】Part time love affair








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿