2016年8月26日金曜日

【レポ】SUMMER SONIC 2016 TOKYO day.2





2日目の幕が開きました。

久しぶりの車中泊。以前の猛暑の夜ではないですが、それでもよくは眠れないもの。
初日の予想外の日焼けもあり身体のあちこちに違和感が現れます。

2日目は朝少し幕張メッセでご飯食べたりしてからマリンのNothing But Thievesへ。
レディオヘッドやMUSE好きにはオススメというUKの新星なので、押さえておこうと。なかなか最近海外の若手バンド掘れてないので。





1曲目からとても圧倒されるような歌声。確かにドラマチックなハイトーンがMUSEのマシューを彷彿とさせる。なにより平均年齢22歳ということを感じさせないくらい堂々たるステージを見せていた。
こういうバンドがまだまだ出てくるのであれば安心できるね。

演奏は自分はMEWが近いかなと思いました。空間系を使った轟音ギターの感じが近いかなと。

朝から良いスタートを切れました。









2日目は午後からずっとマリンステージなので、今のうちにとメッセに戻る。

ソニックステージ通りがかったらPOP ETCがライヴ中。なんか聴いたことあるなぁと思ったら"Excuse"だ!そっかThe Morning Bendersが改名したバンドってことスッキリ忘れてた。
好きな曲なので聴けて良かった。

少し身体を休めつつ。マリンへ戻る。

Two Door Cinema Club久しぶり。2011以来くらいかな?





とうとうマリンステージに登場である。アレックスめちゃくちゃ髪伸びたな。なんかWe the Kingsのトラヴィスに似てきた。

  1. Cigarets In The theater
  2. Undercover Martyn
  3. Changing Of The Seasons
  4. Sun
  5. Bad Decisions
  6. Something Good Can Work
  7. Are We Ready? (wreck)
  8. I Can Talk
  9. Next Year
  10. Eat That up, lts Good For You
  11. Someday
  12. What You Know

今年はいよいよ新作が出るということで、新曲もプレイしてくれた。
もちろん1stと2ndの曲もたっぷりと余すとこなく。

見せ方と盛り上げ方が本当に達者なバンドだ。それがスケール感をしっかり伴わせているのでマリンで見ても全く遜色ないものとなってる。
曲ごとにしっかりマリンに歓声を上げさせる姿を見て、いつの日かヘッドライナーとしてTDCCが見れる日が来ればいいなと思う。

THE YELLOW MONKEY
今年は彼女さんのおかげで3回ライヴを見れてるイエモン。実は身体休ませる機会が2日目はないなと思って、当初は休憩にしようかと思ったけど、やっぱり見てしまった。




  1. 夜明けのスキャット with 由紀さおり
  2. BURN
  3. ROCK STAR
  4. ALRIGHT
  5. SPARK
  6. 楽園
  7. バラ色の日々
  8. パール
  9. LOVE LOVE SHOW
  10. JAM

1曲目から度肝を抜かれた。

吉井さん以外のメンバーが板づき、おもむろにエマさんが弾き始めたアルペジオがまさかの"夜明けのスキャット"。しかも現れて歌い出したのは、由紀さおり!まさかの本人登場。

途中からは吉井さんも現れ、二人でデュエットのスタイルに。サプライズすぎる。

そこからはもうオールスターと言わざるを得ないベストヒット。世代の人が多いのか、1曲ごとの歓声も大きい。近くの兄ちゃんはずっと「ヤバいヤバい」言ってた。

実際これだけツアー見た僕ですら「ヤバい」と思うセットリスト。
ツアーの時ってアンコールで"Burn"と"LOVE LOVE SHOW"交互にやってたんだよね。
だから3回目の横浜アリーナまで"Burn"聴けなかったのに、今回両方やるんだもん。

演奏もとんでもなく素晴らしく、レディオヘッド待ちの観客も唸らせるステージだった。

サカナクション
できれば何回か見てるサカナクションを休みにしたかったところだけど、さすがにトリ前に出るわけにも行かず。




もちろんサカナクション大好きだし、めちゃくちゃ盛り上がった。
でも、良くも悪くもやっぱりいつものサカナクションだったなぁ。

【関連記事】
サカナクションが好きだからこそ最近のセットリストについて言わせて欲しい


サカナクション好きなほどマンネリは否めない。でもレディオヘッド前でお初な人が多い今回はそれで正解だとは思う。

僕はやっぱりライヴではサプライズあるほど嬉しくなる性格なので、どうしてもそういう感想になってしまい申し訳ない。

さて最後。

レディオヘッドについては先日個別記事書いたのでそちらを。

【関連記事】
【レポ】SUMMER SONIC 2016~Radiohead編

【レポ】SUMMER SONIC 2016 TOKYO day.1

・総括


久しぶりのサマソニ。少し振り返ります。

フェス飯については今回はそこまで当たりはなかったかなぁ。
マリンのパクチー効いたグリーンカレーは美味しかった。メッセのステーキ丼はイマイチだった。

あと、やっぱり酒の600円均一は高過ぎ。バカルディモヒートの350ml缶を600円とかバカバカしくて飲んでられない。せめて400円台だよなぁ。そりゃみんなイオンモールで買う訳だ。

もうひとつ。やっぱり導線がクソとしか言い様がない。
特に今年はマリンステージ。入場するのに先に退場させるのは1億歩くらい譲ってまだ分かる。でもマリン入場してから後方まで回らせてから入場させる必要どこにあるの?

退場もだけど、後方まて回らせたことで、狭い通路の割合が増える。おかげで、その分時間掛かる。

TDCCの時間帯で入場追い付いてないなんて、運営おかしいよ。

今に始まったことじゃないけど、毎年こんな文句出てるのに改善されない運営はどうかと思う。

とりあえずそんな文句もありつつ、アクトとしては2日間しっかり楽しめました。やっぱり楽しいなサマソニ。

気が早いですが、来年の初日のヘッドライナーはたぶんマイケミだと思ってる。
果たして。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 



0 件のコメント:

コメントを投稿