2016年10月28日金曜日

【やりすぎ都市伝説】田畑藤本の藤本淳史が語るテロメア不老不死





以前「やりすぎ都市伝説」で田畑藤本の藤本淳史が語っていた都市伝説。

テロメアの減少を止めることで人類が不老不死になること、そしてその弊害


不老不死は人類にとってはとても興味深いテーマです。

個人的にも好きな話だったので、少し掘り下げてみたいなと思って記事にしました。










そもそもテロメアの都市伝説の内容は?






テロメアはDNAの先端にあるもので、染色体の末端を保護する役割があります。

人間の身体は常に新陳代謝をしています。それにより身体の若さを保っています。しかし、それにはテロメアを消費してしまいます。それに伴い新陳代謝が悪くなり老いが進みます。そして、テロメアが尽きたときが寿命ということになります

蝋燭のように人間は生まれつきテロメアを消費しながら生きています。

都市伝説は最近の研究でテロメアの減少を止められるようになったというものです。いわば蝋が溶けない蝋燭です。

テロメアが減少しないということで、身体が老いることはない=不老不死になるということですね。


しかし、その弊害は人類が死ななくなったことで人口は増え続け食料や土地が不足していきます。結果人類は地球を埋めつくし、土地を巡る戦争が起きて人類は破滅の道を進むかもしれないというもの。



テロメア研究のヒントはガン細胞?



ではテロメアの減少を止めるという話、どこまで研究が進んでいるのでしょうか。

実はテロメアの減少を食い止める方法はガン細胞がヒントになっているというのです。

ガン細胞は無限に増殖していきます。このことに目をつけたのは

カリフォルニア大のエリザベス・ブラックバーン教授
ジョンズ・ホプキンズ大のキャロル・グレイダー教授
ハーバード大のジャック・ゾスタック教授

でした。彼らはガン細胞から細胞の無限増殖をさせてい要因である「テロメラーゼ酵素」を発見します。テロメラーゼ酵素の働きによってガン細胞を無限増殖させていたことが判ったのです。

この発見により3名は2009年のノーベル医学生理学賞を受賞しています

しかし、それは2009年の話。まだスマホなんて全然普及していないガラケーの時代です。そこから7年経った現在研究はもっと進んでるはずです。

まだまだ僕のような一般庶民には届かない世界でしょうが。生きてるうちに何かしら実現したみて欲しいものです。

では、最後に夢のある話を。


不老不死の人間は既にいる






スコットランドの生物学者が唱えた説です。

遺伝子の異常などにより、遺伝子がリング状になっていればテロメアが短くなることがなくなり、不老不死となる。
そして、そのような遺伝子異常を持って生まれた人間が少なくとも5人はいるはずだ。

というものです。

とても夢のある話じゃないでしょうか。

都市伝説好きの人で不老不死といえばある人の名前が浮かぶんじゃないでしょうか。

そう、サンジェルマン伯爵です。

サンジェルマン伯爵は約200年の間ヨーロッパ各地で同い年の姿ののまま目撃されたといわれています。

テロメアの話を受けると、もしかしたらサンジェルマン伯爵は5人の中の1人だったかもしれませんね。

そして、他の4人は現在生きているのでしょうか。
想像するだけでワクワクしてしまいます。

信じるか信じないかはあなた次第です。


☆都市伝説関連

都市伝説 関暁夫の最新刊に隠された秘密「Dの意志」
人工知能ロボットのペッパーは映画アイ,ロボットのサニーになれるのか
【都市伝説】関暁夫が語った人工知能Siriの嘘ともう1つの嘘
【都市伝説】田畑藤本の藤本淳史が語るテロメア不老不死
【ゾルタクスゼイアン】人工知能Siriに「なぜ学校に行くの」と聞くと…
君が夢を願うから、今も夢は夢のまま
VRについての話~仮想現実を巡る都市伝説編
【都市伝説】ビル・ゲイツは軽井沢の別荘で何を企んでいるのか
【都市伝説】陰のサミット「ビルダーバーグ会議」と人工知能












このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿