2016年12月8日木曜日

アジカン、ゴッチの「新曲そんなにいらない」発言の真意






現在「ソルファ」の再録盤が話題のASIAN KUNG-FU GENERATIONのゴッチこと後藤正文の発言。


『Wonder Future』を作ってる途中で、俺はこのアルバムを作り終わったらバンドをやめようと思ったんですけど、もし今ここまで来てバンドを本当にやめるっていう時に『ソルファ』があのままじゃ悔いが残るなって思ったんですよね。あと、それとは別にもうひとつ、常々『バンドってそんなに新曲いるか?』みたいな気持ちがあって。それは、アジカンに関わらずなんですけど」

■それはどういう意味で?

「たとえばインディのロックバンド、特に若いバンドは、常に自分達にとってベストみたいなセットリストでライヴをやるじゃないですか。で、その中で生き残った曲がファーストアルバムに残ったりするわけで」

■ライヴをやりながら楽曲を育てていく、精査していくという。ファーストアルバムに名盤が多い理由のひとつは、そこにもありますよね。

「そうそう。そういうことを考えると、自分達が今やってる音楽のやり方っていうのは果たして本当にクリエイティヴかどうかわかんないよなと思って。アジカンに関しては割と時間をもらえてるから、のんびりやらせてもらってコンセプト立てたりしてできますけど、仮に自分達が1年に1枚出さなきゃいけないような状況になった時に、そういうルーティンみたいな楽曲の作り方ってどうなんだろうなっていう気持ちがあって。実際、『ソルファ』の話とは関係ない時に、メンバーに『もうそんなに曲作らなくていいんじゃない?』って言ったことがあるんですよ。『ツアーだけやってればいいんじゃない? アルバムは5年後だっていいじゃん』みたいな」

http://musica-net.jp/articles/preview/5852/




この発言はちょっと本来の意図と違う感じで広まっているような気がしたので、自分なりにこの発言の意図を書いてみようと思う。

ちなみに「ソルファ」は大好きなアルバムだけど、ゴッチの最近のキーの低さが気になって買うかは迷ってる。








ゴッチの考え



まずは、今回取り上げたゴッチの考え方を見てみる。

この発言は「メジャーのバンド」として、ルーティーンのように新曲を作って定期的にリリースしていることを指している。
メジャーなアーティストほど契約とかもあってある程度のペースで新作をリリースしなければならない。

そうすることで、自分のモチベーションに関係なく新曲を生み出さなければいけなくなる。

結局ゴッチの発言は、そのルーティーンで製作される曲ではなく、自然に生まれた曲をライヴでブラッシュアップしていきたいということなのだ。

現状、アジカンはそこまでハイペースな活動は求められていないようだけど、本来はそれくらいのペースで活動したいのだろう。

それは、ゴッチが海外のインディーバンドが好きということから来ているのだろう。


海外のバンド



そもそも日本と海外とではバンドの活動方針は全く違う。

国内のアーティストは比較的頻繁に新曲をリリースし、アルバムも1~2年に1枚リリースしてるアーティストも多い。冨樫仕事しろ。

それに比べて海外は一度アルバムをリリースする次のアルバムまで4~5年開くなどザラである。
それは海外は売り出してる規模が違うから仕方のないことだ。ひとえにアルバムツアーと言っても、様々な国でライヴを行う。間には世界各地のフェスにも出演する。

どれだけの規模かは「家族と過ごす時間を増やしたい」と脱退するメンバーが多いことが物語っているだろう。

日本はだいたい1〜2年サイクルでアルバムとツアーしてるバンドが多いかな。


ライヴで演奏していくこと



そして、ゴッチが語っている新曲をライヴの中で演奏して育ててからリリースするという方法。

これはこれでいいと思う。

よくあるケースでいえばツアーで何曲か新曲を演奏するバンドだ。
これをもっと突き詰めたようなスタイルだろう。

しかし、悲しいことにライヴって新曲を沢山やるより、昔の"知ってる"曲をやるほうが盛り上がるのだ。もはやレディオヘッドくらいのレベルになると話は違うが。

日本で例を挙げれば、直近ではミスチルだろう。

ミスチルは「REFLECTION」のアルバムの発売前にツアーで収録曲をかなりの曲数プレイした。ツアー最終日くらいでやっと発売したくらいだったかな。
もちろん喜んだファンも多かったけど、戸惑うファンの声もそれなりにあったように感じた。

ゴッチの語ったようなライヴで演奏して磨かれた曲をリリースするというのは、キャリアが重なるごとに難しくなる。

こんな発言をしつつも、ゴッチはソロやったりプロデュースやったり随分と働いてるよな。








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿