2017年6月1日木曜日

「タヌキとキツネ」(著:アタモト)が可愛すぎて人間でいることが辛い








【今回の記事についての前置き】


作者様が






というツイートをされており、今回の記事は全てTwitterの埋め込み機能で引用しております。埋め込み引用については下記のTwitterの規約に基づき個人ブログへの引用はと判断しております。


ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく、当該コンテンツを上記のように追加的に使用できます。


問題等が発生した場合はこの記事は削除いたします。


ということで、本題に入らせていただきます。


「タヌキとキツネ」をご存知でしょうか。






タヌキとキツネとは?





Twitterでアタモト((@atamotonu)さんが連載しているシリーズ。

ちょっぴりぬけてるタヌキと、ちょっぴりいじわるなキツネの仲良し2匹のほのぼのマンガです。
とにかくこの2匹が可愛すぎてたまりません。






その可愛らしさに人気に火が点き、これを書いている今現在で42万人のフォロワーを誇っています。

単行本も現在で2巻まで発売しています。
コラボカフェやグッズ化などもされていて、その人気は止まることを知りません。

1~3コマほどの1ページのマンガが中心なので、Twitterとも相性が良くて拡散されるたびに人気が広まっています。


タヌキとキツネは大の仲良しで小さい頃から一緒に遊んでいました、そんな折タヌキの住む山に"ひょんなこと"からキツネが住みつくことになります。キツネが何故タヌキ山に住むようになったかは単行本1巻で明らかに。

タヌキの「ぐえー」「ひえ」「うおー」など思わずマネしてしまうような言葉も魅力。







ツンデレキツネ



タヌキにいたずらばっかりなキツネ、それでもタヌキのことが大好きなんです。
最近はそのツンデレっぷりが隠し切れません。

















このタヌキの表情よ。キツネが背を向けているのが照れ隠しなのがしっかり分かる。




サブキャラクター



周りにいるサブキャラクターたちもみんな魅力的です。

タヌキの憧れの狼さん、タヌキのことが好きだけど力の加減が分かってない熊、お餅をくれたり色々作ってるウサギ、見守っている鳥など個性豊かなキャラクターがあふれてます。



















タヌキとキツネに泣く



疲れてる時とかに見ると、不意に泣いてしまうことがあるんですよ。





これなんかほのぼのエピソードなのに心が磨り減ってるときに見たら

「タヌキ、大きい方をキツネに……」
「キツネ、そっち食べてあげるんだ……」
「あ、なんて優しい世界……」
「ジワ……」

泣きました。
分かってます。その日は早く寝ました。

人間関係で疲れていたので、この二匹が本当に羨ましかったんです。


僕が疲れていたのは置いておいても、それでも直球で泣いてしまうようなものもありました。





こんなん泣く。


僕「健気な不器用」を見ると泣いてしまうんですよ。自分を見てるようで。タヌキにそのエッセンスが全部入っていて、それも感動の要因となっています。






Twitterに寄せられるリプ(コメント)もまたみんな良いんですよ。
Twitterでそれを見るのも楽しみにしています。


















リプまで含めて1つの作品です。











【こんな記事もあります】
【うさぎ神社】京都の岡崎神社に行ってきた話
寝起きで聴く音楽はなぜテンポが早いのか
恥をかくシーンが苦手という"共感性羞恥"と共感について本気で考える









このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿