2016年5月23日月曜日

新藤晴一使用機材~Paul Reed Smith編

晴一さんの機材勉強シリーズ。

今回はこのギターを調べてみる。

Paul Reed Smith


通称PRS

21世紀で一番人気のギターじゃないかっていうくらいみんな使ってる。
猫も杓子もPRS!高校生もPRS!SE!みたいな感じだ。







・なんで人気?


人気の理由はいくつかあると思う。

  • 見た目が良い
  • バードインレイが格好良い
  • 音のバランスがいい
  • ハイフレットが弾きやすい
  • 好きなギタリストが使ってる
  • 安価なSEシリーズがお手頃
辺りかな。高校生なんてどうせバカだし、見た目と好きなギタリストの影響だろ。 なんせ間もなく20代が消えてなくなろうとしてる俺が晴一さんに憧れてレスポール買ったんだからな。

・使用ギタリスト


かなり幅広く色々なタイプのギタリストが使用しているPRS。 主だったギタリストを調べてみよう。

とりあえずWikipediaで適当にメジャーどころで探してみる。

海外
  • カルロス・サンタナ
  • オリアンティ
  • ブラッド・デルソン/Linkin Park
  • ダラン・スミス/ex Funeral for a Friend
日本
  • 福山雅治
  • Toru/ONE OK ROCK
  • 降谷建志/Dragon Ash
  • マキシマムザ亮君/マキシマムザホルモン
なるほどな!
そりゃ高校生に爆発的な人気出るわ。 俺の中で高校生はみんなワンオク聴いときゃいいみたいなイメージあるもん。

ちなみにFuneral for a Friendのダランは脱退してるけど、俺にとってとても大好きなPRS使用ギタリストなので挙げてみた。

・で、晴一さんは?

そうそう。本題。

晴一さんがPRSを購入した理由はTHE 野党の活動のためだそう。 普段とは違う遊びが出来る活動なので、飛び道具の意味で購入したとか。

でも、結果的にはポルノで使う機会が多いそう。

ポルノも曲が多彩な分何かと使い勝手がいいのかもしれない。レコーディングでも多様しているとか。
ちなみに晴一さんの機種は

Modern Eagle Faded Blue Jean

 

モダンイーグルの初代は今は伐採が出来ない木材のようだけど、晴一さんはそれかな。
見た目でいくと、鮮やかな青と綺麗なトラ目が印象的。

元々ギブソンのレスポールをブラッシュアップしたギターだけあって、かなりクセが少ない。 こんな見た目なのに歪ませても音の抜けが良くて真面目な音のイメージ。ヤンキーがヤクルト飲んでるみたいな。

「RHINOCEROS」では“螺旋”でサンタナ愛溢れるラテンテイストのインストが聴ける。
個人的にはロマポル'08で“カルマの坂”~“ヴォイス”の流れで使用してたのが特に印象に残ってる。
このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿