2017年3月1日水曜日

【合唱曲】心の瞳/坂本九の歌詞を解釈する






"心の瞳"という曲がある。

合唱曲として有名な曲であるが、元々は坂本九さんの曲である。


合唱曲ってたまに思い出したように聴きたくなる時がある。

久しぶりに聴きながらあらためてしみじみ良い曲だなと浸っていた。それで記事にしようかなと思っている時にこの曲も聴き返した。


イントロのピアノも素晴らしいのだけど、何より歌詞が素晴らしいと感じた。
初めて聴いてから10数年経ってたから歌詞の良さに気づくのだから我ながらおめでたいものだ。

ということで、派生記事として曲の経緯や歌詞の解釈について書いてみようと思う。
まだ合唱曲の記事書き終わってないけど。




心の瞳/坂本九




曲の経緯










そもそもになってしまうが、これを書こうと思うまで坂本九さんの曲であるということを知らなかった。中学の合唱コンクールで唄ってた当時はそんな事知りもせず良い曲だなと思っていたくらいである。

ピアノ伴奏だけで聴くと(唄うと)歌謡曲らしさをあまり感じないからだろうか。

原曲を初めて聴いたが、あまりにも素晴らしき名曲である。
原曲はやはり歌謡曲然としているけど、色褪せないなと思う。


1985年5月に発売したシングル「懐しきlove-song」のB面に収録された曲である。生まれる前だ。

坂本九は同年8月の日本航空123便墜落事故で亡くなってしまうため、この作品が遺作となり、"心の瞳"がコンサートで披露されることはなかった。


その後、合唱曲として使用されるようになり広まっていった。



心の瞳/坂本九 歌詞解釈










歌詞解釈




では、歌詞を見ていく。

私(仮にそう呼ぶ)は"君"について唄っていく。
語りかけるというよりも、遠い未来に向けてのメッセージとも受け取れる。


様々な人物像を思い浮かべられる歌詞だろう。


まず思い浮かんだのが恋愛においての変わらない愛である。

自分と共に歩んで行ける人に巡り会えたこと、その喜びを唄っているようにも取れる。

僕もずっと何の気なしにそう考えていたんだけど、あらためて歌詞を見ていて、もう1つの解釈が浮かんだ。


親から子へのメッセージである。


いつか 若さを 失しても 心だけは
決して 変わらない 絆で 結ばれてる


全体を通してもここの歌詞はとても印象的である。

たとえ身体は老いても、子を思う親の気持ちは変わらない。
決して変わらない絆という部分、それは恋愛よりも家族の絆と捉えた方がしっくり来たのだ。


瀬尾まいこの小説に『幸福な食卓』という作品がある。北乃きい主演で映画化もされた作品である。





家族を巡る話なのだが、その中で主人公の佐和子の兄の恋人のこんなセリフがある。


「あのさ、言葉は悪いんだけどさ、恋人はいくらでもできるよ。もちろん、今、そんなこと言うの最悪だってわかってる。(中略)でも、家族はそういうわけにはいかないでしょう?お兄ちゃんの代わりもお父さんの代わりもあんたの力ではどうすることもできないじゃん」


「家族は作るのは大変だけど、その分、めったになくならないからさ。あんたが努力しなくったって、そう簡単に切れたりしないじゃん。」


講談社 瀬尾まいこ『幸福な食卓』より


そう、家族とは不思議な強い絆で結ばれているものだ。

そのことが解釈を考えている時にふと思い浮かんだ。原作はもちろん映画も完璧に近い作品なので、是非読んで、観て欲しい。関係ないがこの時の北乃きいは殺人的に可愛い。








そして、何よりタイトルでもある「心の瞳」という表現。
"心の瞳"で君を見つめれば、ということはつまり、君が目の前にいるわけではない。


このことを踏まえた時に浮かんだのが、お腹にいる子を想う母親であった。


まだ見ぬ子へのメッセージ。
だからこそ、母親になるという実感とともに「愛すること それが どんなことだか わかりかけてきた」のではないだろうか。


坂本九はこの曲をコンサートで唄うことなくこの世を去った。
音楽は自分の子のようなものだという。


それでも"心の瞳"は唄い継がれている。
いつまでも愛されている。

最後に、この曲の歌詞で僕が最も好きなフレーズを引用して終わりたい。


夢のまた夢を 人は見てるけど
愛すること だけは いつの時代も
永遠のものだから










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿