2017年4月24日月曜日

ポルノグラフィティ's ヒストリー chapter.2「NO SCORE(ノー・スコア)結成」




前記事
chapter.0「前置きと目次(随時更新)」
chapter.1「因島」


ポルノグラフィティ's ヒストリー chapter.2「学園祭」






晴一さんのバンドに対する憧れは高まります。



そして遂に晴一さんと従兄弟がいとことなったバンド「NO SCORE(ノー・スコア)」を結成します。

ノースコアの名前は当時のドラムが「スコア見なくても叩けるよ」という言葉から付けられました。




このバンドがポルノグラフィティの前身バンドとなります。



そんなノー・スコアで晴一さんがギターヴォーカルをつとめていました


バンドで杏子さん役としてコーラスしていた女の子は昭仁さんの当時の彼女でした。

そこから晴一さんは昭仁さんの紹介を受け、カラオケで昭仁さんの歌を聴きます。そして、





コーラスとして昭仁さんが加入。





高校2年の文化祭でノー・スコアはバービーボーイズのコピーをしますが、昭仁さんは






カモーン!






しか言いませんでした。


しかし、終了後晴一さんはいとこに、







おまえギターやらん?






と言われヴォーカルをクビ退任、昭仁さんがメインヴォーカルに就任します。



翌年、受験のためベースが脱退。



代わりに加入したのがTamaさんでした。


Tamaさんは元々ギターをやってたんですが、この頃にベースもはじめていました。


思い出していただきたいのは、Tamaさんは違う高校の生徒です。

なので体育の先生から、



因島高校の生徒意以外が出るのはダメだ!



と言われてしまいます。しかし、そこで晴一さんたちは諦めませんでした。

顧問の先生も味方をしてくれ、なんとか体育の先生を説得します。



「3年間頑張ってきたんですから」
タマは全然不良じゃないですから、やらせてください!」


と。


そしてそこにTamaさんが現れるんです。








ベルボトム履いて、胸ポケットに赤いマールボロを入れた姿で。






スラムダンクみたいな世界だ。



幸いなことに先生にはタバコは見つからず、説得に成功し、無事にTamaさんも学祭に参加できることとなりました。



ヴォーカルをつとめる昭仁さん、ギターにコンバートされたした晴一さん、そしてベースのTamaさんこうしてポルノグラフィティの原型は生まれました。


カバーした曲はX JAPAN、ZIGGYなど。


これらのバンドの曲たちを昭仁さんは、





原キーで歌った




そうです。


そして高校3年の文化祭。


昭仁さんは、





上半身裸に父親の持ってた釣り用のベスト





という出で立ちでステージに立ちます。



彼は憧れていたのです。
上半身裸に革のベストを着ていたアクセル・ローズに。


それでも学園祭は後輩がドライアイスでスモークをしてくれるなど、ステージ演出をしてくれたり盛り上がりはなかなかだったようです。



この学園祭のライヴがポルノグラフィティにとっての大切な一歩となったことは間違いないでしょう。


続きます。













このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿