2016年10月22日土曜日

新藤晴一使用機材~Two Notes / Torpedo Live編






かなり久しぶりの晴一さん機材紹介シリーズ。
このブログを立ち上げて5ヶ月半くらい経つのですが、音楽ネタは多めにしてるものの当初の目的を逸脱しすぎて、都市伝説系のネタ記事のが書いてて楽しくなってきました

というのも、このブログ始めた段階で薄々気付いてたのですが、回数を重ねる度にネタがなくなってくる。そして、どんどんニッチでマイナーな機材紹介になっていくんですよ

先日晴一さんがES-345を誕生日に買ったとツイートしてましたが、こんな感じでどんどん新しい機材入れてくれればネタができて僕も助かるというもの。
晴一さん、期待してます

さて、今回は晴一さんが絶賛していたスピーカーキャビネット「Torpedo Live」を紹介します。

Two Notes /Torpedo Live












なにこれ?


Two Notesはフランスの音響メーカーです。おフランス製どすえ。

そして、このTorpedo Liveはデジタル・ロード・ボックスです。なんのこっちゃ。

すごく平たくいうと、物凄いアンプのキャビネットのシミュレーターです。

何が物凄いかと言うと、この機械に32種類のキャビネットがシミュレーションされて搭載されています。さらには追加で13種類購入できるとか。
そして、マイキングも8種類入ってます。

普通のギタリストなら持て余すこと請け合いなレベルで詰め込まれています。

使い方としては、アンプのベッドからキャビネットの代わりにこのTorpedo liveに繋ぎます。
そうすると、設定したキャビネットとマイキングのシミュレーションのサウンドで出力できるようになります。たぶん。

この制度がとても高いため、実際にキャビネットを鳴らしたような音で鳴らせるわけですね。

普通ある程度の音量でアンプをキャビネットで鳴らしたら隣人が怒鳴りこんでくるくらいのことになりますが、このTorpedo LiveはMIDI出力ヘッドホン出力なども出来るので、自宅でもヘッドアンプを使った演奏をすることができます。

宅録ギタリストの強い味方になりますよね。
深夜であっても自宅でアンプの音を使ったギター録音ができるわけです。もちろんベースも対応してます。

晴一さんも、アルバム「RHINOCEROS」制作の際に使用したという自慢ツイートがありました。





こうした急遽の録音にも使える便利さが良いですよね。



再現性の凄さ


1番のウリとなるキャビネットの再現性の高さ

スタジオで演奏したかのようなサウンドが再現できるというのはギタリストにとってこんなありがたいことはないでしょう。

上にも書いたとおり、自宅でアンプでの録音なんてやろうものなら、自宅の近隣全方位に喧嘩を売ることになります。命がいくつあっても足りません。

以前紹介したKemper Profilling Amplifierもそうですが、技術の進歩は凄いものですよね。
以前はモデリングとか、シミュレーションというと、デジタルっぽくなるという理由からあまり音にこだわるギタリストからは好意的でないイメージでしたが、今は時代が代わりましたね。






っていうかこの動画のオッサンの演奏スゲーな。


DTMの進歩にともなって、今では本当にスタジオでレコーディングしたのと相違ないくらいの音を自宅でも再現できるようになってきました。

僕もやはり気になる機材で欲しいですが、サウンドハウスで2016年10月現在は8万4千円ほどとなってました。安い!

費用対効果を考えればとんでもなくお得なのですが、なかなか予期せぬ収入でも起きないと厳しい金額です。

ということで、このシリーズをやる度に「宝くじ当たれ」と思う気持ちはそのままに、この記事を終えたいと思います。


シリーズ一覧

☆新藤晴一使用機材


ギター
  1. レスポール(1960年製)編
  2. テレキャスター編
  3. Sagoギター編
  4. ポール・リード・スミス編
  5. ES-335(クリス・コーネルモデル)編
  6. レスポールカスタム(1958年製)編
  7. ホワイトファルコン編
  8. レスポールJr. TVイエロー編
  9. ストラトキャスター編(1)

アンプ
  1. マーシャル JCM800編
  2. Kemper Profilling Amplifier編
  3. Marshall 1974X編
エフェクター
  1. KLON ケンタウロス編
  2. FREE THE TONE GIGS BOSON編+レビュー
  3. Providence VELVET COMP VLC-1


このエントリーをはてなブックマークに追加
 





0 件のコメント:

コメントを投稿