2016年6月30日木曜日

新藤晴一使用機材〜GIGS BOSON編+レビュー

晴一さんの使用機材。今回はエフェクター。

こちらのオーバードライヴを紹介します。
ちなみに今回のは僕も使用しているため、最後に簡単なレビューというか感想も少し書きます。


FREE THE TONE GB-1V / フリーザトーン GB1V












・どんなエフェクター


ちょっと詳しいファンでしたら、このエフェクターの経緯もご存知かもしれない。

書いておきますと晴一さんがFREE THE TONEの林さんに「世界一のオーバードライヴを作って」とお願いしたのがキッカケでした。
それで実現するから恐ろしいよ。

FREE THE TONEのエフェクターはどれも評判良いですよね。

そこで林さんにより開発されたのがこのGIGS BOSONでした。

開発のお話は こちら から読めます。

この記事でもある通り、布袋さんやSUGIZOさんも愛用している。
布袋さんはバッキング用とソロ用で2台使用するほど。


・世界一のオーバードライヴ



晴一さんからのリクエストに応えるべく、かなりのこだわりを持って作られている。

名前の由来がもうすごいです。

名前の由来

2012年7月4日に、ヒッグス粒子という新たな粒子が発見されました。それは、宇宙誕生の際に、質量を持たない素粒子に質量を持たせる要因となった粒子で、ビックバンや宇宙誕生の重要な一部を構成することとなった「神の粒子」と呼ばれているものです。仮説を唱えたピーター・ウェア・ヒッグスの名をとって、Higgs Boson(ヒッグス・ボーソン)と呼ばれています。 この粒子の発見ですべての仮説粒子が揃い、暗黒宇宙の解明の第一歩となると言われていることから、このエフェクタの出会い(発見)により、GIG(演奏)の世界の発展の新しい第一歩になる事を願って、GIGS BOSON(ギグス・ボーソン)と命名しました。


よく分かんね

とても壮大。


・レビュー


僕がボード組もうと思ったとき迷ったのはオーバードライヴを何にしようかといいうことだった。
もう星の数ほどオーバードライヴは出ているので、優柔不断なこともありなかなか決まりかねていました。そこで調べてた中で思い出したのがこのGIGS BOSONだった。

試しに弾いてみた、あー良い。

タワレコの視聴機と楽器屋の試奏はなんでこんなに音がよく聴こえるのでしょう。
口笛がなぜ遠くまで聴こえるの?くらい不思議だ。僕の腕前はさておき弾いてても気持ちよい。

チューブアンプとの相性もとても良くて、ブースター的な役割からGAINを上げていくほどしっかり歪んでくれる。ナチュラルというわけではなくて、GIGS BOSONなりのちょっとクリーミーな味付けがされるのでナチュラルにブーストしたいとかいう方にはちょっと不向きかもしれません。

白米が玄米になるくらいの感覚です。
僕は何を言っているんでしょうか。

また、GAINを0にしていてもエフェクトをオンにしているだけでGIGS BOSONのクセが出てしまうので、ナチュラルなクリーントーンにはならないので、そういう方は別のブースターなり使う方がいいかと。

そういう方にはケンタウロスってエフェクターがいいらしいですよ (暗黒微笑)

オススメです。

しかし、この音は虜になる人多そうです。現に上記のギタリストからの絶対的な支持もありますしね。
もちろん発案者の晴一さんも気に入って使用していたようだ

GAINについてはツマミをフルにするとなかなか歪みます。ブルース〜ポップスなんかはこれだけで十分カバーできる。少し物足りない場合GAIN BOOSTを押せばもう少し強く歪みます。

僕がなにより好きな点はとても音の分離が良いこと。
GAINを強くしても音がダマにならなくて気持ちが良いです。おそらく布袋さんがバッキングでも使用したいということでもう1台導入しているのもここに由来するのかなと。


ということでGIGS BOSONの紹介でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 








0 件のコメント:

コメントを投稿