2016年7月11日月曜日

スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道





ポルノグラフィティ歌詞解釈シリーズ、今回はこちらの曲。







「スロウ・ザ・コイン」






「俺たちのセレブレーション」のカップリングナンバー。


曲について



作詞作曲は晴一さん。
アレンジはtasukuさん。

軽快なコードカッティングから始まるテンポ感のあるロックナンバー。前にも書いたがドラムを中畑大樹さんが叩いてるということで個人的にはとても好きな曲。
大樹さんは本職の Syrup16gよりもハルカトミユキやplentyのサポートドラムだった印象が強い。plentyは正式なドラマーが加入したから今はしてないけどね。

メロディやアレンジだけでもかなり聴き応えがある。



歌詞について



まず全体は神社でのお参りの曲。

人づてに訊いた元カノの結婚話。
もう終わった恋のはずなのに、主人公は何気なく知ってしまったその便りに心を揺れ動かされる。

理由は分からないが、昔の思い出の場所である初詣をした神社に再訪し人生を見つめ直す。
というもの。

"今宵、月が見えずとも"の辺りから晴一さんが特徴的に使っている手法で歌詞の中に意図的に時代を象徴するものを入れるというものがある。この曲でもあえて時代感を出すために「ツイート」って言葉を使っている。
「ツイート・初詣・メランコリー」を使って1曲の歌詞を完成させなさいって問題があったら、絶対答えられる自信ない。


コイン



初めて曲名が発表された時に、コインが賽銭に繋がるとは思ってもみなかった。タイトルを見たときに真っ先に浮かんだのはコイントスだった。コインに何かしらの運命を委ねる曲かと思って。

コインというのはポルノの曲では何かしらの悪魔的な魅力があるものとして登場することが多い。
"DON'T CALL ME CRAZY"の表がデビルで裏がドクロのコイン。"痛い立ち位置"の純情を捧げて手に入れたコイン。

同じ運命を委ねたコインという意味でも"スロウ・ザ・コイン"では賽銭というシンプルな解釈で意外だった。

さて、そのお賽銭について余談になるけど、その意味は本来違うものであったらしい。

お賽銭といえば願いを叶えるために神様に納めるというイメージだが、本来の意味ではそれまでの生活の安全を守ってくれた神様への感謝という意味合いらしい。



人生の分岐点と正解の道



晴一さんが以前ライヴのMCでこんな話をしたことがある。

人生ではたくさんの選択肢がある。その中から自分で道を選んで進んでいく。その道が正解かどうか、そこで選ばなかった道の先は分からないのだから確認はできない。

ならば、自分で選んだ道を正解にしていくしかない。




細かなニュアンス違ってるかもしれないけど、大まかには合ってると思う。PANORAMA×42のツアーの時だったかな。

"スロウ・ザ・コイン"を聴きこんでいて思い出したのはこの話だった。
この曲で主人公は選ばなかった未来=元カノと別れていなかった未来を想像してしまったのだろう。

当時の主人公は何を願ったのだろう。カップルの初詣ということを素直に受け取るのであれば2人の幸せな未来だろう。

しかし、実際には主人公は悪くはないながらも自分の今にどこか引っかかりを覚える。わざわざ何もない8月に神社に行くくらいだしね。

そこで思うのは彼女が願った願いだ。それは2人の、ではない自分の幸せを願ったのではないだろうか。そして見事に成就した。主人公に直接連絡がないということは、もうスッパリと割り切れているんだろう。再び未練を引きずる主人公とは対照的だ。

もしかしたら別れ話を切り出したのは主人公の方だったのかもしれない。
しかし、選ばなかった未来にはもう決して辿り着くことはない。



【関連:ポルノグラフィティ歌詞解釈シリーズ】

AGAIN歌詞解釈~「遥かな昔海に沈んだ架空の街の地図」とは
スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道
月飼い歌詞解釈~東から漕ぎだした舟が向かう先
ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの
Hey Mama歌詞解釈(+和訳) 〜あなたのパパは何者?
TVの中のロックスター、憧れと現実
THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由
LiAR歌詞解釈~揺れてるばかりの記憶のあなた
メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは
アポロ歌詞解釈~変わらない愛のかたち探してる


このエントリーをはてなブックマークに追加
 





0 件のコメント:

コメントを投稿