2016年11月1日火曜日

THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由






ポルノグラフィティの楽曲"ダイアリー 00/08/26"


この曲が書かれたのはタイトルの通り2000年8月26日。今から16年以上前ということになる。

今でも大切にされ、ライヴの重要なタイミングで演奏されてきた。
最近では横浜ロマンスポルノ'16~THE WAY~が記憶に新しい。

WOWOWで放送されたこのライヴを見て、思わず感極まってしまった。もしかしたらライヴで見た時より感動した。

その理由について、書こうと思う。









大切な曲




先日WOWOWでTHE WAYの放送があった。

それからしばらくしてたまたま晴一さんのブログの過去記事を漁っていたらこの記事が目に止まったんですよ。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/158116/140321/13736205

2006年のちょうど同じ日付で更新された"ダイアリー 00/08/26"について書かれた記事。
前に見たときは「あーそっか」というくらいで見ていた記事でしたが、2016年の今見返して、内容にハッとさせられた。

この記事の中で晴一さんは曲についてこう述べている。


昭仁と「いつか大事な日に演ろうぜ」っていってる曲


この曲が収録されているのは「サボテン」のシングル。






"サボテン"という楽曲はポルノグラフィティの歴史でも古い曲で、先日リリースされた「FANCLUB UNDERWORLD5」のDVD/blu-rayで本間さんと田村さんがインタビューの中で語っていた通り、リリースまで大切に温められた曲。

そんな曲とカップリングされたのがこの"ダイアリー 00/08/26"である。



大事なタイミングでこその去年



10周年のアリーナツアーとなった「ロイヤルストレートフラッシュ」ではアンコールに歌われたこの曲。
そして、この時の本編最後の曲は"シスター"であった。

"シスター"の演奏前に昭仁さんがMCで


長い歴史の中で一度だけポルノグラフィティを止めてしまおうかと思ったことがある。それでも晴一と2人でもう一度頑張ってみようと決意した時にリリースした曲です


と語っていた。

そんな決意の詰まった"シスター"を受けてのアンコールでの演奏されたのだった。

そして、去年の横浜スタジアムではアンコールの大ラスで演奏された。

そこで本編の最後となったのは「今まで歩んできた道を振り返ってみるといつも君らが寄り添っていてくれて、これからの行く先も示してくれる」というMCから演奏された"THE DAY"であった。

どちらの場合も過去を振り返った上で新しい一歩を歩み出すときの決意として歌われた曲である。






変わりゆく時代の中で



この曲が書かれた2000年と今現在の2016年では音楽業界は全く違うものとなった。

CDというフォーマットは過去のものとなりつつあり、ヒット曲らしいヒット曲が生まれづらい時代となった。


そんな中、ポルノグラフィティの音楽性は固まるどころか次から次へと新しい挑戦をしている。

時にはこちらが戸惑ってしまうような曲もあるが、それはポルノグラフィティが挑戦を続けているからこそのもの。

しかし、未だ多様化してる音楽性の中でも信念は変わっていなくて、その信念こそがこの"ダイアリー 00/08/26"の歌詞なんじゃないだろうか。

今までさらっと流して聴いてた部分があって、それは「大人になった僕にがっかりしてるかな?」という歌詞。

テレビの中に映る僕のことを「有名になった」とかじゃなくて「大人」って表現にしていること。ここで歌われる大人は「破天荒なロックに憧れていたのに、今は社会と上手くやっていけてしまってる自分」のことなのかもしれない。

それを踏まえて考えると、歌詞の中に出てくる「君」は誰を指すのだろう。

僕はずっと歌詞の君という存在がファンのことを指してると思ってた。

でもあらためて考えてみるとこの曲は「Letter(手紙)」じゃなくて「Diary(日記)」だったことに気づいた。

誰かに宛てたものじゃなくて、自分自身のために書き綴ったもの。


以前"AGAIN"の歌詞解釈の中で、歌詞に出てくる君は「過去の自分」であるという解釈を書いたことがあったけど、それと近い存在じゃないかと思った。
夜ごと君に話していた約束はまだ果たせていない。

もうひとつ。歌詞の中で「壊すべきこの世の中」というものが出てくる。
僕は音楽業界という世界はもう破綻に近い場所にいると思う。自ら壊れていってしまった世界。

そんな世界ではかつて夢見て憧れた未来ではないかもしれないけれど、それでも音楽を創って演奏し、人に届けるという想いは変わらない。

ファンだからこそ分かることかもしれないけれど、これだけ活動してきてもポルノはとてもストイックだよね。

特に昭仁さんは年々歌声に磨きがかかり、まだまだ上を目指している。



ダイアリー 00/08/26に涙した理由



横浜スタジアムで演奏された際に決してマイクに乗ることはないのに晴一さんは口を大きく開けてこの曲を歌っていた。

晴一さんだって同じなんだ。

昭仁さんは歌詞の心情を歌に込めて伝えようとする人だけど、晴一さんはどちらかといえば受けとった聴き手に歌詞を委ねる人


だから役割としてのコーラス以外では歌ってることはあまりない("ハネウマライダー"は楽しそうに歌ってること多いけど)。

だからこそ、この曲で懸命に歌っている晴一さんは、きっと昭仁さんと同じ気持ちで歌っていたんだと思う。

まさに日記を書いた本人として。

ライヴの時はそこまでちゃんと見えてなかったので、先日のWOWOWの放送でその姿を見て、涙が止まらなくなってしまった

きっとこの先何年経っても2人はこの気持ちが変わることはないだろう。

そんな2人のこれから歩む道を、これからも僕らは寄り添っていくのだ。



【関連:ポルノグラフィティ歌詞解釈シリーズ】

AGAIN歌詞解釈~「遥かな昔海に沈んだ架空の街の地図」とは
スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道
月飼い歌詞解釈~東から漕ぎだした舟が向かう先
ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの
Hey Mama歌詞解釈(+和訳) 〜あなたのパパは何者?
TVの中のロックスター、憧れと現実
THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由
LiAR歌詞解釈~揺れてるばかりの記憶のあなた
メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは









このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿