2016年11月21日月曜日

メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは






あるミントティーの似合いそうな穏やかな午後、僕は微睡みの中で夢を見ていた。幸せな夢だった。

すると、突然母がやってきて「あんたマイナーな曲ばかり選ばんと、もっとメジャーな曲も選びんさい」


歌詞解釈の話だ。


確かに今まではアルバム曲やカップリングなどのマイナーなものが多かった。

ということで今回は"メリッサ"について考えてみようと思う。
ちなみに僕の母は広島出身じゃない。

歌詞解釈は過去何回かやってますが、シングルでは初めて。
※"LiAR"の歌詞解釈の前に書いた記事です

"メリッサ"はとにかく人気で、ライヴでも盛り上がる1曲。僕の友人の近藤くんも大好きな曲。

しかし僕自身考えてはみて、ニュアンスは分かるけど今一歩掴みづらい歌詞。
まだしっくりくる解釈まで至っていない気もするけど、今の自分で考えられるだけ考えてみた。

少しずつ見ていこう。










メリッサ



まずタイトル。
最近あらためて"メリッサ"ってカッコイイタイトルだなぁと思う。口に出して言いたくなる。

メリッサはレモンバームのハーブのこと。そのレモンバームのギリシャ語名がメリッサ。

オサレな雑貨屋さんのアロマコーナーで見かけるよね。
どちらかというとレモングラスの方が置いてある率が高いから、レモンバーム見つけると反応してしまう。

歌詞の中では、

「せめて宙に舞うメリッサの葉になりたい」

と使われている。

次にレモンバーム(メリッサ)の効能を見てみよう。





レモンバーム
不安や緊張を和らげ、幸せな気分へ導く。気持ちが明るく前向きになる。
若返り、長寿の効果がある。
解熱、抗菌、抗ウイルス効果がある。



とのこと。めちゃくちゃ効能良いじゃないか。ハーブティー毎日飲もうかな。


主人公について



主人公の男はかなり憔悴(しょうすい)している。
関係ないが憔悴を小水と誤変換してるのにさっき気づいた。間違えがバレる前に気づいて直せて良かった。

主人公にまつわる言葉で使われているのは「迷う」「立ち尽くす」「地を這う」などネガティブなワードが並んでる。

一方で主人公が憧れとして心を寄せるのが「鳥」や「宙に舞うメリッサの葉」である。

身動きも出来ないくらいの主人公に、鳥やメリッサの葉が自由に空を舞う姿は眩しく映る。
僕も羨ましいと思うけど高所恐怖症だからあんまり高いところは行きたくない。

高い場所というのは"パレット"においては「次の風が来る」場所として登場するけど、"メリッサ"では主人公が「優しさ」から遠ざかりたいから。

「優しさ」さえも望まない主人公は何かしらの過去の事情により強い後悔の念を抱いている。
「愛に焦がれた胸を貫け」という言葉から恋愛ともとれるよね。

さて最後の歌詞。見たときに僕はある曲を連想した。


消えてゆく瞬間わずか光る
今 月が満ちる夜を生み出すのさ


燃え尽きると知りながらも誰かに気付いて欲しかった
~ジョバイロ

ただそこに一握り残った僕の想いを
すくい上げて心の隅において
~アゲハ蝶

晴一さんの書いた「自己犠牲」するほどの想いを込められている歌詞。どちらも通ずる精神がないでしょうか。


自己犠牲と後悔



ということも踏まえ、"メリッサ"の歌詞のテーマは「自己犠牲」ということだ。
「鋼の錬金術師」にもまつわるテーマということだけど、残念ながらハガレン読んだことがないので関連は分からない。

実はこの記事書こうと思ったのが「進撃の巨人」の最新20巻※を読んだから思うことがあった。
※これ書いてた当時は発売したてだった





ネタバレ含みます

20巻のラストでアルミンが超大型巨人の隙を作るためエレンに巨人に自らを犠牲にして立ち向かう。前半でも猿の巨人に立ち向かうシーンでも自己犠牲についてのストーリーがある。

それは、自己犠牲を経て未来に繋げるための死であった。





それを読んだ時、境遇は違うけど、メリッサの主人公についても重なる部分を感じた。
主人公は明るい未来のために君に未来を切り開くこと、過去を封印することを願う。過去の巨人の支配を終わらせるため、超大型巨人に切りかかるエレンの姿はまさにメリッサの歌詞の「君」のようだ。

君というのは、明確に歌詞では表されてない人物なので取りようによっては いくらでも解釈できる存在。

でも、だからこそ受け手が何に対しても重ねられる存在にしているのだと思う。
失恋であるなら過去の恋人、さながら"ヴォイス"の歌詞のような「出逢うべき人」かもしれない。
それとももっと大きな意味での愛情かもしれない。もしくは友情と受け取れる。

そしてメリッサはそんな愛によって負った心の傷も癒してくれるそんな象徴なのだ。

自分にとってのメリッサは何なのか、考えてみてはいかがだろうか。

【追記】

アルミン生きてんのかよ


【関連:ポルノグラフィティ歌詞解釈シリーズ】

AGAIN歌詞解釈~「遥かな昔海に沈んだ架空の街の地図」とは
スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道
月飼い歌詞解釈~東から漕ぎだした舟が向かう先
ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの
Hey Mama歌詞解釈(+和訳) 〜あなたのパパは何者?
TVの中のロックスター、憧れと現実
THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由
LiAR歌詞解釈~揺れてるばかりの記憶のあなた
メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは
アポロ歌詞解釈~変わらない愛のかたち探してる


このエントリーをはてなブックマークに追加
 





0 件のコメント:

コメントを投稿