2016年8月3日水曜日

新藤晴一と吉井和哉にみるTVの中のロックスター 憧れと現実





THE YELLOW MONKEY「TVのシンガー」
ポルノグラフィティ「TVスター」

突然並べたが、この2曲には共通項がある。

それが今回のテーマだ。








ROCK STAR



THE YELLOW MONKEY
ポルノグラフィティ

どちらも言わずと知れたスターである。

そして、90年代の音楽シーンでその名を刻んできた。共通するのはどちらもかつてのロックスターに憧れていることだ。
特に作詞を担ってる吉井和哉新藤晴一という人間たちはとりわけその意識が強い。

それはかつて見ていた海外のロックスターたち、まさにセックス、ドラッグ、ロックンロールの世界である。


ロック・スターになれば羽根が生えてきて
ロック・スターになればたまに夜はスウィート


THE YELLOW MONKEY / ROCK STAR


それを夢見て音楽業界へと足を踏み入れていった。



ロックスターの現実



THE YELLOW MONKEYもポルノグラフィティも移り変わりの早い音楽業界で生き残ってヒット曲を出してきた(イエモンは一度解散したが)

しかしながら、そうであったからこそ憧れと現実の間で強い葛藤を持つことになる。そうした心情を歌詞に置き換え訴えかけているのがこの2曲なのだ。

歌詞を抜粋してみよう。


TVのシンガーこれが現実
君の夢など思い過ごしさ
誰かの夢

THE YELLOW MONKEY / TVのシンガー


なんだ?アーティストって?
悲しきTVスター
身を切って創って それまで
グラム売りをするようなもんか…

ポルノグラフィティ / TVスター


どちらもヒット曲に恵まれ音楽業界では華々しいステージに立っていた人達が歌っているのだ、それなのにこれほどまでに悲しみをまとった歌詞が出てきているのだ。



音楽業界の悲喜こもごも



またポルノの歌詞を引用しよう。


壊すべきこの世の中と、それとなくうまくやれてる。
気まぐれなヒットチャートよ、ご機嫌いかがですか?

ポルノグラフィティ / ダイアリー 00/08/26


この曲はフィクション性の強い晴一さんの歌詞の中で、数少ないノンフィクションとして書かれている。
書かれたのは2000年8年26日。まだデビューして一年満たない時期である。
しかもポルノグラフィティは"アポロ"でデビュー曲からヒットになり、一躍時の人となった。

これだけ読んでも音楽業界というものを考えさせられないだろうか。
もちろん、事務所やレコード会社はそのバンドを売るためにあらゆる手を打つ。その中でアーティストは「業界」で生きて行かなければならない。

そこにはきっと色々な制約やしがらみがまとわりつく。
そんな音楽業界に染まっていく自分は、かつて憧れたロックスターとは程遠い。そんな気持ちの吐露となったのがこの曲たちではないだろうか。

とりわけ今の日本の音楽業界でそんな破天荒な生き方などできるはすがない。そんな理想と現実のギャップが「TVの中のロックスター」という虚像ともいえる存在として描かれたのだ。

ステージでは華々しい姿のロックスターも悩んでいるのだ。


【関連:ポルノグラフィティ歌詞解釈シリーズ】

AGAIN歌詞解釈~「遥かな昔海に沈んだ架空の街の地図」とは
スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道
月飼い歌詞解釈~東から漕ぎだした舟が向かう先
ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの
Hey Mama歌詞解釈(+和訳) 〜あなたのパパは何者?
TVの中のロックスター、憧れと現実
THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由
LiAR歌詞解釈~揺れてるばかりの記憶のあなた
メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは
アポロ歌詞解釈~変わらない愛のかたち探してる

このエントリーをはてなブックマークに追加
 



0 件のコメント:

コメントを投稿