2016年12月19日月曜日

Part time love affair歌詞解釈〜パートタイムの恋人





「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」のカップリング"Part time love affair"の歌詞について考えてみたいと思う。

感想記事ではまだ掴みきれていないということで、あんまり深く掘り下げなかったけど、個人的には大好きな部類の晴一さんの歌詞なので、あらためてしっかりと向き合ってみようと思う。


【関連記事】
【感想 】ポルノグラフィティ「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」







ポルノグラフィティ / Part time love affair 歌詞解釈





歌詞を通してみていくと、を連想するワードが使われている。

マーメイド、海底、荒れる波など。

海は主人公の心情を表しているものだろう。
そこからは心穏やかではないし、失意とも言える感情が読み取れる。

そして、歌詞の中で使われているマーメイドという言葉。

"LiAR"の歌詞解釈の時には『マッチ売りの少女』を引用したけど、今回はアンデルセンの『人魚姫』を少し引用したい。

ディズニーのリトル・マーメイドとは違って、原作の『人魚姫』はとても辛く悲しい話だ。

王子と結ばれぬ運命と知った人魚姫は、唯一人魚に戻る方法として、ナイフを手に王子のもとへ行く。しかし、愛した王子を遂に刺すことはできず、海に潜ると泡となって消えてしまう。

もちろん男女の違いはあるとしても結ばれないと知りつつ、自分を殺すように悲しい夢を見てしまう主人公は、どこか重なる。

限られた逢瀬の時間の中で想いを打ち明けたとしても、君はあっさり躱してしまう。
淡い期待さえも泡のように消えてしまった、主人公は車を降りた君に何も言えないのたろう。

そう、海底に沈む。

まるで、海の底で物言わぬ貝のように。そういえば、人魚姫も言葉を失うんだった。



Why



主人公から出る言葉は「Why」ばかり。


なぜあいつより早く出会えていなかったんだろう?
なぜあいつを選んだのだろう?
想いを知ってるはずなのになぜ?

歌い方からしても、印象的なフレーズである

「電話をかけちゃやだよ」

とても、子どもっぽい言葉だ。

そして、

「指切りをしたでしょ?最初の日に」

まるで子どもを諭すような言葉。

解釈書いてた中で主人公は思春期くらいの本当に子どもなんじゃないかとさえ思えた。例えば教師と生徒みたいな。

でもそうすると「もっと早くに出会えていたらなんて」とか、「君」とするのが合わないなぁと。
子どもっぽい言葉は主人公の「純粋さ」の表れでもあるのだ。

子どものように純粋な気持ちが込み上げても、それを決して伝えることはない。だからこそ、主人公の大人として割り切ってしまう辛さが浮き彫りになっている。



パートタイムの恋人



タイトルからどうしても想像してしまうのはスティービー・ワンダーの"Part Time Lover"である。大好きな曲だ。






そして、この曲を意識すると、このフレーズが引っかかる。


And then a man called our exchange
But didn't want to leave his name
I guess that two can play the game
of part-time lovers
You and me, part-time lovers
but she and he, part-time lovers

そのとき ある男が電話をかけてきた
でも名前は名乗ろうとしない
僕はわかったよ 男と女の二人は
“パートタイムの恋人”ごっこををするものなんだ
僕と君は“パートタイムの恋人”
彼女と彼も“パートタイムの恋人”


この歌詞を踏まえて"Part time love affair"の歌詞の見え方が変わってこないだろうか。

特に「テーブルの向こうのあいつ」が。「W」のマーメイドが。


少し込み入った事情の二人の逢瀬には



さて、この"Part time love affair"という曲。歌詞を見て僕はもう1曲連想した。





晴一さんが歌詞を提供したBUZYの"パシオン"

・少し込み入った事情の二人の逢瀬
・車での情事
・あとひととき夢を見ていましょう(↔Make me dream again)

こちらは女性が主人公だけど、"Part time love affair"の主人公ととても重なる部分が多い。

僕はちょうど''パシオン"のことを語り倒す記事を書き始めてたとこだったので、尚更この2曲がハマってしまった。そっちの記事はいずれアップします。

名曲なので、ポルノファンの方は是非聴いてみて欲しい。

どちらの主人公も気持ちを秘めたままにしてしまっている。でも想いの強さが同じでもその気持ちの向かうベクトルが違っている。色で言うと"パシオン"はで"Part time love affair"はのような。

同様に"パシオン"は相手のことを想うあまり純情が抑えきれないけれど、"Part time love affair"は相手のことを想って自分は身を引いてしまう。

同じような主人公たちであるけれど、その向き合い方はとても対照的である。

是非聴き比べてみて欲しい。


【関連:ポルノグラフィティ歌詞解釈シリーズ】

AGAIN歌詞解釈~「遥かな昔海に沈んだ架空の街の地図」とは
スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道
月飼い歌詞解釈~東から漕ぎだした舟が向かう先
ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの
Hey Mama歌詞解釈(+和訳) 〜あなたのパパは何者?
TVの中のロックスター、憧れと現実
THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由
LiAR歌詞解釈~揺れてるばかりの記憶のあなた
メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは
アポロ歌詞解釈~変わらない愛のかたち探してる













このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿