2018年8月21日火曜日

ポルノグラフィティのサボテンは本当に失恋ソング?歌詞を今一度読みとく








ポルノグラフィティの歌詞で、すっと疑問に思っていたテーマがある。

"サボテン"は失恋ソングなのか?というものだ。

一般的な認識にしても、失恋の曲だという見方が強いだろう。

そもそも以前『自宅にて』か何かで「結婚式で"サボテン"と"サウダージ"を演奏したが、どっちも別れの歌だった」みたいなことを新藤晴一が書いていたような気がする。

それを読んだ時に尚更疑問に思ってしまったのだ。

自分の中で"サボテン"は失恋の歌ではなかったからだ。

この度徹底検証したいと思う。






失恋ソングではない?








まず、僕がなぜ"サボテン"を失恋ソングだと思えないのか。

それは最後の歌詞から想像してしまったことに他ならない。


何処にいるの?こんな雨の中
僕の気持ち見つかった
僕らきっとうまくやれるはず
ほら 薄日も射してきた
小さな花を咲かそう


この歌詞がとてもポジティブなメッセージに聴こえた為だ。

"サボテン"における恋人たち、それは近くにいるからこそその有り難みを忘れてしまった2人だ。

呼びあうように出逢ったはずなのに、いつしか過去のハシャイだ記憶も忘れ、すれ違っていってしまう。

しかし、指に刺さったトゲ、そこから最後のサビで主人公はそれに気づく。

だからこそ最後の歌詞が君の大切さを噛みしめ「もう一度やり直そう」と思い立つ、そんなラストを想像したのだ。

そして、カップリングである"サボテン Sonority"は歌詞が過去形に変わっている。だからこそ「僕らきっとうまくやれたはず」「小さな花を見せたい」という悲しいメッセージとなる。

そう思っていた。







失恋と別れ



しかし、あらためて考えてみよう。そもそも「失恋ソング 」と「別れの歌」というのは違うものではないか。

僕の疑問はそこからもうすでに道を誤っていたではないか。

"サボテン"は失恋の歌ではない。
"サボテン"は別れの歌だ。

そうして見たとき、また曲の世界が違って見えてきた。

"サボテン"の主人公は確かに君の大切さに気づいた。しかし、そのことに気づくのが遅かったのだ。

君は雨の中飛び出していった。

そこで主人公は追いかけることができない。
これでもう決定されてしまったのだ、2人の未来は。

だからこそ、どれだけ主人公が嘆いても君は戻ってくることはない。

よくネットでも目にするが、女性がある出来事がキッカケで怒りをぶつけるのは、その出来事だけが原因ではない。それまでの積み重ねが、そのキッカケによって限界を越えて溢れてしまうから、だという話だ。

注ぎすぎてしまったものは愛情だけではなかった。

そこに少しずつ溜まっていってしまった君の気持ち、その「ささやかなサイン」を見過ごしてきてしまった主人公は、元よりもう戻れない道を歩んでいたのだ。











サボテンの花




"サボテン"にはいくつかのバージョンがある。インディーズ時代のバージョンとして、2つ"サボテン'99"と"小さな鉢のサボテン"である。

"サボテン99"(99年のバージョンということだろう)にはこんな歌詞がある。


僕ら同じさ 何処にも行けない
身を寄せ合うしかないよ
小さな鉢に生きてる


君が出て行ってしまい、主人公は為す術もないまま、サボテンに語りかける。

雨は君を隠し、サボテンに問い掛けても何も答えてくれない。

鉢の中のサボテンは、追いかけられなかった主人公そのものなのである。

小さな花、それは主人公にとって残された唯一の希望なのである。

サボテンが花を咲かせることで、君がそこにいた確かな証、そして確かな記憶となる。

サボテンは何も答えてくれない。しかし、いつか花を咲かせてくれるかもしれない、そう信じて。


最後に、実は今まで何故重ねなかったのだろうと思っていたことがある。


ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした


君が育てたサボテンは 小さな花をつくった
春はもうすぐそこまで 恋は今終わった






そう、チューリップの"サボテンの花"である。

世代とか関係なく、本当に大好きな曲だ。
大袈裟に言えば僕にとっても、歌詞、メロディどれをとっても"理想的"な曲だ。

何故これが繋がらなかったのだろう。

サボテンは、冬の歌


この長い冬が 終るまでに
何かを見つけて 生きよう
何かを信じて 生きてゆこう
この冬が 終るまでに






【関連記事】

ポルノ全シングルレビュー 5th「サボテン」
【関ジャム】いしわたり淳治がやらないなら俺がやる ポルノグラフィティ失恋ソング特集


歌詞解釈シリーズ


AGAIN歌詞解釈~「遥かな昔海に沈んだ架空の街の地図」とは

スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道

月飼い歌詞解釈~東から漕ぎだした舟が向かう先

ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの

Hey Mama歌詞解釈(+和訳) 〜あなたのパパは何者?

TVの中のロックスター、憧れと現実

THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由

LiAR歌詞解釈~揺れてるばかりの記憶のあなた

メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは

アポロ歌詞解釈~変わらない愛のかたち探してる

Part time love affair歌詞解釈〜パートタイムの恋人

パレット歌詞解釈~泣いた月と唄う鳥の示すもの

PRIME 歌詞解釈〜変われない自分と変わらない願望

稲妻サンダー99歌詞解釈(?)〜99秒、33文字の歌詞に3000字書いた全記録

アゲハ蝶歌詞解釈~夏の夜に咲いたアゲハ蝶

素敵すぎてしまった歌詞解釈~Wonderful Tonight

ラスト オブ ヒーロー歌詞解釈~ヒーローは逃げない、一度も

夜間飛行 歌詞解釈〜「偶然は愛のようにひとを束縛する」

"君の愛読書がケルアックだった件"の歌詞が実はとんでもなくヤッバイ内容な件

MICROWAVE歌詞解釈〜Believe when I say "I want it that way"

"Working men blues"の替え歌の件についてちょっと本気出して考えてみた

170828-29歌詞解釈 赤いボタンの上の僕らのピースする

ポルノグラフィティ新曲"カメレオン・レンズ" 歌詞徹底解剖 新藤晴一文学の集大成

ポルノグラフィティ「ルーズ」歌詞解釈 ~飴細工の夜に

「渦」歌詞解釈~合わせた指先が繋ぎ止めてしまったもの











このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿